無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年7月「運気がグッと上向きそう」なのは誰?[7月の恋愛運]を大公開!

占い

今年こそは花火大会や音楽フェスなど楽しいデートが叶えられるといいですよね。来たる華やかな恋の季節を謳歌するためにも、7月の恋愛運がどうなるのかをチェックしておきましょう。そうすることで、素敵な恋を楽しめるようになるかもしれません!

まずは、12星座別に2022年7月の恋愛運を簡単にチェック。

記事の後半で、7月のおすすめの過ごし方を星座別に詳しくご説明します!

12星座別! 7月の恋愛運プチまとめ

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

前半は仕事や自分のことが気になって、恋に集中できないかもしれません。18日をすぎると心がスッキリしてくるでしょうが、それまでは焦って大事な決断をくださないように。モヤモヤしたら友人と話すことで視野が狭まるのを防げるはずです。下旬に入れば、落ち着いて恋愛に向き合えるようになるでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

やる気がみなぎる月のようです。いつもより積極的になり、大胆なアプローチをすることができそうです。好きな人とまだ距離があるのなら一気に仲良くなれるでしょうし、付き合う手前で足踏み状態にあるカップルは月内に交際までこぎつけるはず。「行動あるのみ」と考えて、今月は遠慮なくいきましょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

18日までは人気運が高まって、あちこちから誘われそうです。フリーの人は出会いが増えて恋のきっかけをつかみやすくなりそうですが、好きな人がいる場合、よそ見をしてしまうかもしれないので気をつけて。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

前半はやれるだけのことを一生懸命に。「あの人と付き合えたらいいな」「どこかにいい人いないかな」と漠然と望むだけでなく、自分で恋を動かす意識を持ちましょう。月半ばを迎えるとそれまでの努力が報われそうです。自分と相手を取り巻く状況が変わり始めるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

7月は恋愛より仕事に意識が向いてしまいそうです。恋人がいるなら忙しくても「おはよう」「おやすみ」のメッセージは送るようにするなど、心が離れない工夫を大切に。まだ付き合う手前のカップルは、それとなく仕事の状況を伝えて、興味が薄れたわけではないことをアピールしましょう。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

自分なりに努力を続けてきた人は、月半ばをすぎた頃に手応えを感じるでしょう。当初の恋のゴールとは違う未来が見えても、「それはそれでアリ」と柔軟に受け入れることが進展のカギになるはず。フリーの人は理想の恋人像が変わる可能性がありそう。特に、婚活している人は今までの恋人とは違うタイプの人に夫になってほしいと思うかもしれません。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

恋愛運は好調なようですが、先月に比べれば運気が落ち着きそうなので、少し物足りなく感じるかもしれません。今月はドラマティックな展開を求めるより、地に足のついた幸せを求めましょう。好きな人との関係をじっくりと深めたり、誰が恋人にふさわしいのかを吟味したりすると良さそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ