無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[診断]あなたは浪費家?倹約家?「好きな色」でわかる、お金の使い方&貯め方

節約・マネー

好きな色によって、人の性格の傾向はある程度分かると言われています。それはお金の使い方や貯め方にも表れるものです。今回は、赤・ピンク・黄色・緑・青の5色から、あなたとお金の関係を考えてみましょう。

好きな色で分かるお金の使い方・貯め方

好きな色によって、人の性格の傾向はある程度分かると言われています。それはお金との付き合い方に表れるものです。たとえば、倹約上手だけど、普通預金に預けっぱなしだったり、お財布のひもは緩いけれど、資産をつくるのは上手だったり、お金の使い方や貯め方には人それぞれ傾向があるようです。

今回は、赤・ピンク・黄色・緑・青の5色から、あなたとお金の関係の傾向を見ていきましょう。

赤が好きな人

赤は生命力を象徴する強い色。そんな“赤”が好きなあなたは、情熱的でバイタリティーあふれるタイプ。負けず嫌いの頑張り屋さんで、人から注目されることを好む反面、他人からの評価を気にする傾向もあるようです。

自分が欲しいものがはっきりしているので、買い物で迷うことはあまりありません。行動力や決断力があるので、セールの情報を得たときに、購入するのも良いでしょう。ただ、買い物に時間がかかりすぎるとイライラしがちです。いら立ちを感じたときは、その日は買い物を辞めるという選択肢も用意しておくとよいでしょう。

ピンクが好きな人

ピンクは甘く優しい、幸福感に満ちた色。そんな“ピンク”が好きなあなたは、ロマンティックで夢見がちなタイプ。節約に苦手意識があるのなら、定期的に支出をチェックしましょう。出費を抑えることができたら、自分にご褒美をあげるようにすると、お金の使い方に計画性が備わってくるでしょう。

買い物するときは、丁寧な接客に満足すると、お財布のひもが緩くなってしまう傾向があるかもしれません。接客を重視するタイプであれば、デパートの友の会の積み立てもおすすめです。積み立ての残高を意識するようになるので、無駄遣いの予防になるでしょう。

黄色が好きな人

黄色は光輝く太陽のように明るく目立つ色。そんな“黄色”が好きなあなたは、楽天的で人付き合いが得意なタイプ。そのため、交際費がかさんでしまう傾向があるかもしれません。人を明るく前向きにすることは、あなたへの評価となり、より多くの人からも恩恵を受けることになります。人への優しさを心がけると、あなた自身にさまざまなメリットをもたらしてくれるでしょう。

お財布のひもはどちらかといえば緩いタイプですが、知的好奇心が旺盛なので、ポイ活には向いています。貯めるポイントを1つか2つに絞って、楽しみながら、ポイントをゲットしましょう。

緑が好きな人

自然の色を象徴する緑は、人の目にも優しい色。そんな“緑”が好きなあなたは、調和を重んじるタイプ。優しく穏やかでおっとりした性格で、家族のことをとても大切にします。あなたにも欲しいものがありますが、迷ったあげく買わないこともあるのではないでしょうか。買い物で冒険しないため、浪費はあまりしないタイプですが、決断力に欠ける傾向があるかもしれません。

決断力を高めるには、「いつまでに」という時間を意識することが大切です。大切なものを購入するときは、スマホではなく時計を身に着けて、締め切りを意識するなど工夫してみてはいかがでしょうか。

青が好きな人

空や海を象徴する青は、爽やかと落ち着きを備えた色。そんな“青”が好きなあなたは、大きな夢を持ち、綿密に計画を立てて着実に実行するタイプ。マイホームなど「人生最大のお買い物」に向けて、計画的に資産形成に取り組みます。真面目で控えめですが、頭が良くて優しい人だと思われたいという欲求もあるようです。日常の買い物も堅実ですが、ブランドや生産地などを気にする傾向があるかもしれません。

投資もブランド志向があり、投資信託などは評価の高いものを選ぶタイプです。世間の評価も頼りになりますが、しっかりと着実に金融知識を身につけると、将来に向けた人生の設計図はより一層盤石なものとなるでしょう。

いかがでしたか?好きな色は日によって、あるいは数カ月のサイクルで変化します。そのため、どれも自分に当てはまるように感じられるかもしれません。お金の使い方や貯め方に絶対的な正解はありせんが、自分なりに優先順位をつけることは大切です。何かしらピンとくるアドバイスがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ