無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[真夏のおすすめ黒スタイル5選]スタイリスト加藤かすみさんが語る、夏に「黒」を選ぶ理由

ファッション

可愛いのに甘すぎない、シンプルなのにサマになる――そんな「黒」は夏のおしゃれをブラッシュアップするのに頼れる色。スタイリスト加藤かすみさんがこの夏に「黒」を選ぶ理由とともに、5つのスタイルを提案。

1.可愛いのに「甘すぎない」

「黒は立体感のあるデザインをより構築的に見せる色。服は構築的に見えるとかっこよく見える。だから“甘い袖コンブラウスなのに大人っぽい”が簡単にかなうんです」ーーstylist 加藤かすみ

潔い白黒のワンツーで甘いブラウスを大人仕様に
ハリのあるボリュームスリーブのブラウスはウエストマークをしてすっきりと。「服を潔いモノトーンにまとめたら小物はムード出しの担当。モダンなブラウンのレザーバッグでリッチに格上げを」(加藤さん)。ブラウス¥23100/スタイリング/ ルミネ新宿1店(スタイリング/) パンツ¥28600/アストラット 新宿店(アストラット) バッグ¥69300(へリュー)・ピアス¥50600(ソフィーブハイ)/エスケーパーズオンライン ブレスレット¥7700/アンタイトル

2.トレンドなのに「着やすい」

「トレンドを意識しておしゃれすると気持ちが上がると思うんです。今挑戦するなら夏らしい大人のショートパンツ。黒なら一枚でちゃんとして見えて取り入れやすい!」ーーstylist 加藤かすみ

バイカラージャケット×ショーパン、黒で上手に旬を楽しむ
「旬のノーカラージャケットに長いパンツはいつもどおり。軽やかなショートパンツを投入したら断然盛り上がる」。ジャケット¥30800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ¥20900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) ショートパンツ¥23100/エイチビューティ&ユース(ロエフ) バッグ¥135300/トッズ・ジャパン(トッズ) メガネ¥46200/アパルトモン 青山店(エマニュエル カーン) ピアス¥6380/デミルクス ビームス新宿(ジュール クチュール)

3.派手色なのに「気負わない」

「強い派手色は着る側にもエネルギーが必要です。そんなときは、デニム感覚で黒パンツを合わせておけば、楽しておしゃれ。きちんと感を出しつつ頑張りすぎない印象に」ーーstylist 加藤かすみ

勢いのある鮮やかなグリーンを黒の余裕でさらりと受け止める
ボトムも靴バッグも黒でまとめて気楽に。「黒のいいところは、大体トーンが一緒なこと。黒い服を買って帰ったら手持ちの黒とトーンが合わなかった、ということは少ないですから」。ノースリーブニット¥13200・肩にかけたカーディガン¥19800/ヴェルメイユパー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ) パンツ¥18920/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) バッグ¥111100/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥36300/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(トニービアンコ) ピアス¥7700/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)

4.シンプルなのに「サマになる」

「一枚で洗練される夏の黒。ワンピースはディテール過多だと“甘重く”なるから、潔くシンプルなデザインがおすすめ。裾が揺れる、それだけで充分ドラマチックです」ーーstylist 加藤かすみ

楽に着られる涼しげワンピースは黒に頼ってきれい見え
「ノースリーブの黒いワンピースを一枚で着たら、小物の合わせはメッシュバッグやサンダルなど“軽さ”を意識して選んで。そのほうが“サラッとおしゃれしてます”感が出せるんです。暑い真夏にはそのくらいがちょうどいい」。ワンピース¥45100(ウィム ガゼット)・バッグ¥30800(マルコ マージ)/ウィム ガゼット ルミネ新宿店 靴¥41800/ベイジュ(ピッピシック) ピアス¥27500・リング¥63800/ショールーム セッション(マリハ)

5.肌見せなのに「引き締まる」

「夏に肌見せを楽しむとき、黒の引き締め効果は信頼できるのひと言。露出していても上品で、色白でも日焼け肌でも似合うし、下着を気にしなくていいし、まさに万能です」ーーstylist 加藤かすみ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ