無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片づけのプロおすすめ!ラクな気持ちできれいな部屋を保てる3つの「しない片付け」

ライフスタイル

整理収納コンサルタントの須藤昌子です。たくさんの「これしなきゃ」「あれしなきゃ」がある事で、何を優先して行うべきかが埋もれてしまい、分からなくなることはありませんか?そうならないために大事なのは、「何をするか」ではなく、「何をしないか」を決めること。今回は、やることに追われず、ラクな気持ちできれいを保つ「しない片付け」をご紹介します。

①たくさんモノを飾らない

好きなモノを見ていると、幸せな気持ちになりますよね?

以前の私は、好きな雑貨を思うままに飾っていました。飾ったモノをきれいに保ちたくて、毎日お掃除をしていました。

ですが、忙しい時は手が回らないこともあり、きれいだった飾り物や棚は、ほこりだらけに。たくさんのモノを飾ることで、飾ったモノを持ち上げながら掃除する時間や手間がかかるようになってしまうのです。

その手間は、掃除が面倒に感じることにつながってしまう場合もあります。そのため、飾る数を厳選して、簡単に掃除ができるように工夫しましょう。

モノを飾りすぎない方が、飾ってあるモノの良さをより引き立たせるかもしれませんよ。

②床にモノを置かない

モノが多いおうちでよくあるのが、床にモノを置いてしまう事。

床はモノを置く収納場所ではありませんし、何かが置いてあることで、掃除がしにくくなり、つまずく危険性もあります。そのため、床にモノを置かないルールを決めてみましょう。

一度決めたら、それを守るために、何処に何を置くのか?を考えることが必要だと分かるはずです。

何かをするために、何を行う必要があるか?を明確にすることで、片付けも上手に進んでいきます。

③「何となく」で買わない

おうちのモノが増えてくると、収納場所がいっぱいになり、お部屋のいろいろな場所に、モノがあふれてきます。

あふれないようにするためには、出来るだけおうちにモノが入ってこないように、気を付けることが大事になります。

「セール」の看板につられて、「安いから」と手にしたり、「3つ買うと半額」なんて言葉につられ、お得に感じて、それほど欲しくないモノを買ってしまう事が、モノを増やす原因になります。

本当に欲しいモノを手に入れたら、その分のモノを減らすことに気を付けるようにすると、きれいなお部屋をキープ出来ます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ