無料の会員登録をすると
お気に入りができます

入った瞬間泣いちゃう…「セーラームーンミュージアム」が最高すぎた

旅行・おでかけ

1日から美少女戦士セーラームーンミュージアムが始まりました!気になるその中身は…?

連載開始から30年の軌跡をたどる大展覧会「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」が、いよいよ7月1日より開催。

無印の頃から大ファンの記者も、一足先に行われたプレス内覧会に参加してセーラームーンの世界を満喫してきました…!

■会場外から…

会場である六本木ミュージアムがあるのは、麻布十番(東京都港区)。

麻布十番といえば、そう、『セーラームーン』の舞台! すぐそばにある東洋英和女学院はセーラーマーズこと火野レイの通う学校のモデルだったりと、ゆかりのある地なんです。

建物壁面、そしてウェイティングエリアには、展示会のために描き下ろしたイラストが掲載されています。

これは「最初から満足してほしい」という、原作者である武内直子先生のこだわりだそう。

■時空の扉を抜けると…

展示会の会場入り口にあるのは、まさかの「時空の扉」。この扉をくぐって、連載開始の頃に移動します。すごい!

「没入型体験シアター」では、「ムーンライト伝説」に乗せてアニメ初期の映像がレーザーとともに映し出されます。名前のとおり、本当に没入できちゃう空間…自然と泣きそうになる…。

ミラーボールの輝く「ホログラム原稿展示」では、第1部から第5部の名場面・名台詞の漫画のシーンを壁一面に展示。原稿がキラッキラ。

「コレクション展示」には、90年代から最新作までのアニメシリーズの設定資料や絵コンテ、懐かしのグッズたち、話題になったウエディングドレス、そして実際にミュージカルで着用された衣装まで…『セーラームーン』という作品の30年の歴史がギュッと詰まっています。ここだけで2時間は掛かりそう。

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ