無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<人生100年時代>できるだけ長く働きたい!キャリアアップのために資格を取るなら何がいい?

ライフスタイル

60歳で定年退職して隠居生活……なんていうのは今や昔の話かもしれません。今は人生100年時代です。歳を重ねても元気なうちは仕事をして、メリハリのある毎日を送りたいですよね。ママスタコミュニティにもこんな声が寄せられました。

『45歳の事務パートです。50代に向けて何か資格を取りたいと思っています。今の仕事に関連したものか、まったく違うことをはじめるか迷っています。皆さんなら何の資格を取りたいですか? できるだけ長く働きたいので、資格を仕事に活かせたらいいかなと思っています』

この相談に対してコミュニティのママたちから、さまざまな意見が寄せられました。

参考・厚生労働省「「人生100年時代」に向けて」

今の仕事に関連した資格にチャレンジ

『今の仕事を続ける気なら、それ関連の資格の方がいいですよ』

投稿者さんは現在事務パートをしているということで、今の仕事の延長線上にある資格を勧める声が寄せられました。とはいえ長時間の勉強が必要で、合格率も低い難関資格はちょっと……と腰が引けてしまいますよね。

『何系の事務かわからないけど、経理系なら簿記とか、総務なら社会保険労務士とか。資格はとれなくても勉強だけでもいいかなと。ビジネススクールや社会人むけの大学院とかもあるよ』

資格取得にはあまりこだわらず、勉強は続けて知識を広げるのもオススメ、という声もありました。
そして将来的に転職を考えているのなら「こんな資格があるよ」といろいろな業種のアドバイスが集まりました。

高齢化社会の注目資格「介護職員初任者研修」

「介護系の資格を取るのはどう?」という声が非常に多く上がりました。人手不足が叫ばれている業界ですので、仕事に就ける確率も高いでしょう。

『訪問ヘルパーです。介護職員初任者研修をもっています。フルタイム勤務の人のようにはお金にならないけど、70代でも働けます。空いている時間に仕事できるし、経験をつめば介護福祉士やケアマネジャーの資格も取れますよ。ぜひお待ちしております』

「介護職員初任者研修」とは、介護の仕事をする上で最低限の知識・技術と、それを実践する際の考え方のプロセスを身につけ、基本的な介護業務ができるようになることを目的とする資格です。受験資格が「とくになし」というのも魅力のひとつ。研修カリキュラムは130時間ありますが、その一部を通信学習にすることができます。すべての研修を受けた後、筆記試験による修了評価を受け、合格すれば資格取得です!

『とりあえず初任者研修を取る。のんびり訪問かデイで働いていたら3年くらいたつ。実務者研修をとって介護福祉士。気づいたら5年たっていて、ケアマネージャーとる。私はこんな感じで今40代ケアマネです』

現場経験を積めばさらに上の資格「介護福祉士」にチャレンジできます。さらに経験を積んだ先には「ケアマネジャー」の受験資格も。ステップアップの道筋が明確に見えているのは励みになるし、学び甲斐がありますよね。高齢化社会でますます需要が高まる介護関係の資格。チェックされてみてはいかがでしょうか。

参考・厚生労働省「介護員養成研修の取扱細則について」

参考・厚生労働省「介護福祉士の資格取得方法」

参考・厚生労働省「ケアマネジャーの資質向上」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ