無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見え眉になってない!?プロが教える「お古眉メイクvs今っぽ眉メイク」のポイント

メイク

アイ&アイブロウリストのYOKOです。今回はちょっと前に流行った眉と今っぽ眉の違いについてご紹介します。眉毛は第一印象を変える大切なパーツ。きちんとアップデートして今時眉メイクに乗り遅れないようにしましょう!

そもそもお古眉メイクってどんなの?

細すぎる眉や角度のキツいアーチ眉が古いのはわかりやすいですが、平行眉にしてるからって安心していませんか?

ちょっと前に流行った太眉や平行過ぎる平行眉も実はもうお古メイクになってきているんです。

そして、お古眉メイク以前の問題で、眉毛の毛流がいろんな方向に向いていたり、ナチュラルと見せかけて手入れのしていないボサ眉になっていたり、眉毛の濃い部分と少ない部分の色が明らかに違っていても今っぽ眉とは呼べません。

今っぽ眉の特徴は?

今っぽ眉の特徴は、キレイな毛流と濃すぎない眉毛です。

眉毛サロンで眉を整える人が多くなったことから、今や毛流れまできちんと整える人が増えました。

眉毛が多すぎたり濃すぎる人も、サロンで間引きをしてもらったり発達した眉マスカラを使うでとてもナチュラルでキレイになりました。

形の流行りとしてはまだまだ平行眉は流行っていますが、平行すぎず、自然な丸みがあり、少し細めになったのが今の平行眉の特徴です。

そして、今までなかった眉毛用ハイライトが眉メイクの新レギュラーに加わりました。

使い方はとっても簡単!眉周り全体に使ってもいいし、写真のように眉頭の上だけや眉尻だけなどポイント使いでもOKです。

全体に使うと眉の輪郭がくっきりする事から、よりキレイめな印象に。

ふんわり見せたい時は眉頭などポイント使いがおすすめです!

眉頭に薄くパウダーを乗せて上のラインにハイライトを入れる事で「薄いけど眉毛がある」ように見せる事ができます。

ハイライトを使う事で、お古メイクのように眉頭から濃いメイクをしなくても眉の存在感がしっかり出ます。

眉毛=ブラウンはもう古い?!カラー眉が今大人気!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ