無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱お古メイクはこうやる♡メイクアドバイザーが教える「2022年の今っぽアイメイク」のやり方

メイク

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。毎年少しずつアップデートされていくアイメイク。トレンド感が一番出やすいパーツなので、アイメイクを今っぽにするだけで、メイク全体がオシャレに見えてしまうんですよ!そこで、真似するだけで垢抜ける「2022年の今っぽアイメイク」のやり方をご紹介します。

トレンド感のあるアイメイクのポイントは3つ

ポイント①アイシャドウは質感ニュアンスで目元の立体感を演出

今まではカラーや色の濃淡で立体感を出すメイクが主流でしたが、最近はヌーディーなカラーを使い、質感の違いで立体感を出すのがトレンドです。

ベースはマット系からサテン系の質感でニュアンスを作り、ラメをまぶた中央にのせて立体感を出すと、ナチュラルでありながら、立体感のある目元が完成します。

ポイント②デカ目効果抜群の下まぶたメイク

ここ数年で、デカ目メイクをするなら、下まぶたメイクは必須項目になりました。

涙袋メイクだけでなく、隠しラインや目尻拡張ラインを駆使することで、目の横幅だけでなく、縦幅も広げることができます。

最近は涙袋専用のメイクアイテムが増えたので、テクニックいらずで、よりナチュラルな下まぶたメイクができるようになりました。

ポイント③マスカラやアイライナーでカラーを楽しむ

アイシャドウがナチュラルなベーシックカラーなので、マスカラやアイライナーをカラーものにすると一気に旬な目元になります。

ここ数年でカラーマスカラやカラーアイライナーがたくさんのブランドから発売され、トレンド感あるアイメイクにはなくてはならないアイテムとなりました。

メイク初心者は、マスカラとアイライナーの色を暖色系で揃えるなど、色の系統を揃えるとメイクに統一感が出て失敗しづらいですよ。

今っぽアイメイクのHOW TO

ステップ1

① Aの範囲にソフトマットなライトカラーを広げる。

② Bの範囲にソフトマットやサテンの質感のミディアムカラーを広げる。

③ Cの範囲にナチュラルなブラウンをぼかし込んで自然な陰影を作る。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ