無料の会員登録をすると
お気に入りができます

複雑に考えるのは終わり!シンプル思考を手に入れる3つのコツ

ライフスタイル

「悩み事の迷路から抜け出せない…」スパッと頭を切り替えるにはどうすればいい?

物事を複雑に考えて、悩み事の迷路に入り込んでいませんか? 頭の中でグルグル考え続けていては、気が休まる時間がありませんよね。

fumumu取材班が、シンプル思考を手に入れるコツを聞いてきました。

①「好き嫌い」で考える

「あれこれ考えても答えが出ないなら、好き嫌いで考えるのが簡単だし、自分にとっても後悔がないと思います。
例えば苦手な人に対して『苦手な部分はあるけど、いいところもあるし、でも…』と考え続けていても、自分がつらいじゃないですか。そういうときは『あの人嫌いだなぁ!』で終わらせるのが一番です。
人や物を嫌いになることに抵抗がある人も多いけど、すべてを好きになるのは現実的に難しいですよね。むしろ自分の好き嫌いを自覚しているほうが、ストレスなく生活できると思います」(20代・女性)

②直感を信じる

「自分の直感は、あまり無視しないほうがいいですよ。初対面の人に『この人と性格合わないかも?』と感じたり、初めて行く場所に居心地の悪さを感じたりしたときって、時間の経過とともにその気持ちが強まることが多いから。
直感って、今までの人生で培った経験が鳴らすアラートだと思うんですよね。『この人とは関わらないほうがいいよ!』『この場所は苦手だと思うよ!』って、過去の自分が教えてくれている感じ。
根拠がなくても、直感が示しているなら、それを信じてもいいんじゃないでしょうか」(30代・女性)

③想像はほどほどに

「自分が悩んでいることが『考えて答えが出る問題』なのか『未来にならないとわからない問題』なのか、客観的に判断したほうがいいと思います。
考えることで答えが出るなら、思考を働かせる時間も無駄ではないけど…先にならないと分からないなら、考え続けている時間ってなんのため? ってなるし。
未来を想像しても、結局は想像の範疇を出ないんですよね。自分がしていた想像とは、真逆の結末になる可能性もあります。悩み事の多くは、時間が経たないと解決しないものだと思いますよ」(30代・女性)

物事を深掘りできる性格は長所でもありますが、自分を追い込むほどに悩み続けてしまうのは避けたいですよね。

ときには「好き嫌い」のみで答えを出すのも、長い人生では必要なスキルかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ