無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのアイシャドウの塗り方NGかも!プロは絶対やらない「アラフォーさんの残念アイメイク」3選

メイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。アイシャドウは塗り方次第で印象が変わるもの。少し変えるだけでも仕上がりに差がつき、ワンランク上のメイクを叶えることができます。今回はよく見られる3つの残念アイメイクをご紹介。簡単にできるお直し方法もお伝えします。

使用アイテム:キャンメイク「シルキースフレアイズ(マットタイプ)」M01

今回使用するアイシャドウは、キャンメイク「シルキースフレアイズ(マットタイプ)」M01シエナウッド(税込825円)。

温かみのあるオレンジブラウンは、夏から秋にかけての季節にもぴったりのカラーです。透け感のあるマットタイプで、肌に溶け込むような繊細なメイクが叶います。

NG①目を閉じると締め色がくっきり目立つ

目を大きく見せたい方に気をつけていただきたいのが、締め色の塗り方です。締め色をしっかり塗れば塗るほど目元の存在感は強まりますが、その分目を閉じたときに悪目立ちしやすくなります。

締め色を塗った後は、必ず境目をぼかしてください。ただし、色が濃いためぼかしたつもりでも、まだ境目が気になってしまうことも。ぼかしきれない場合は、アイホールに塗っている色をブラシにとって境目をぼかし込むように塗るとよいでしょう。

このメイクではDのオレンジを境目に重ねてぼかしました。

NG②塗る範囲が狭く、グラデーションが映えない

アイシャドウを塗るときに注目したいのが塗る範囲。せっかく丁寧に塗っていても、塗る範囲が狭いために物足りなさを感じるケースが少なくありません。広く塗ってもきちんとぼかせば派手にならず、かえってナチュラルに仕上がります。少し勇気を出して、大胆に塗ってみましょう。

Dのオレンジをアイホールの目頭側に、Bのブラウンベージュを目尻側に入れています。どちらの色も眼球に沿わせるように塗り、広範囲に大胆に塗りました。Aのラメはアイホールの中央に重ね、Cのブラウンは目のキワに塗ってぼかします。

オレンジとブラウンベージュを広範囲にぼかしながら入れることで、繊細ながらもダイナミックな印象に。美しいグラデーションが簡単に叶いました。

NG③アイホール全体のラメで立体感がイマイチ

ラメが好きな方はたくさん塗りたくなるかもしれませんが、ラメの魅力を生かすならぜひポイント使いを。アイホール全体に塗ると、ラメの目的である立体効果を出しにくくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ