無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<心の準備>小学校の図工や体育で使う「材料」とは?急に持ってきてと言われても無理!?

子育て

就学前のお子さんをもつママ、ご存じですか? 小学校では授業や行事のために、自宅でさまざまな「材料」を用意する必要があるそうなのです。もちろん学校によるようですが……。

『小学校に入学すると、「来週までにラップの芯を5本持ってきて」とか言われるの? 参考にしたいから、他にもどんなものを持ってくるよう学校から言われたのか教えて!』

年長のお子さんを育てるママからママスタコミュニティに寄せられたこの質問。投稿者さんはどうやら、小学生のお子さんを持つママ友から情報を得たようです。幼稚園や保育園といった未就学の時期にも、制作の時間に使用するために牛乳パックなどを準備した経験があるママもいると思います。しかし小学生になって授業が始まると、その準備がこれまで以上になるかもしれません。実際に小学生以上のお子さんを育てているママたちが、さまざまな授業で使う材料の実態を教えてくれましたので紹介いたします!

実際に学校から「持ってきて」と言われたもの

さてママたちは、どんなものをご家庭で準備するよう学校から言われたのでしょうか?

『牛乳パック』
『お菓子の空き箱』
『くだものが包んであるネット』
『ラップの芯』
『ペットボトルの容器とキャップ』
『トイレットペーパーの芯』
『ゼリーのカップ』
『乳酸菌飲料の空容器』
『新聞紙』

「牛乳パックやお菓子などの空き箱は定番!」というママもいましたよ。一見どの家にもありそうなものばかりですが、いざ「持ってきて!」と言われたら、すぐに準備できるか少し不安になってしまいますよね。慌てることがないよう、学校で使いそうな空き箱などの材料は、日ごろから一定数とっておくというママの声が複数寄せられました。「子どもはもう高校生なのに、未だにお菓子の箱とか捨てるときに一瞬悩む」というママもいるようですよ。

え!?こんなものまで準備するの?

『「虫を捕まえてきて」ということがあったよ。うちはトカゲを飼っているから、エサのコオロギを持たせた』
『「ちょうちょの卵」というキツ~イお題があった』
『青虫。無理!』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ