無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[独立・起業・フリーランス]働く40代の不安に勝る幸せとは?

ライフスタイル

仕事と家庭を両立するために会社を辞め、自分サイズで起業や独立、フリーランスに転身する人が増加中。そんなワーク・ライフ・バランスの取れた働き方の魅力を紹介します。
▼あわせて読みたい

40代女性がこれから「起業してみたいこと」6選

目次 ★ 【調香師として起業】近田梨絵子さんの場合

★ 【調香師として起業】近田梨絵子さんの場合
★ 【フリーランスへ】平原礼奈さんの場合
★ 【キャリアコンサルタントへ】大滝うららさんの場合
★ 【独立】大磯爵歌さんの場合
★ 【専業主婦から】平家さらさんの場合
★ 【ブランド立ち上げ】千原真実さんの場合

【調香師として起業】近田梨絵子さんの場合

◯ 金融系企業から調香師として起業 近田梨絵子さん(41歳)
金融機関を退職後、香りを学び調香師に。雑誌「VERY」主催「未来のミセスCEO」に選出されたことを機に、香りの空間デザインや商品開発など活躍の幅を広げる。

<今の働き方の幸せ> どんな環境や状況でも、自分の行動次第で未来がプラスに変わること

人から感謝されること ★★★★★
家族のサポート ★★★★☆
社会貢献度 ★★★★☆

娘が発達遅延を持って生まれ、会社員を続けながら子育ては難しいと感じ退職。娘の療育先で香りと出合い、思い立ったように始めた事業ですが、いつしかこの事業が障がいのある子どもたちの働く選択肢になり、親亡きあとも暮らしやすいように、という思いにまで至っています。
事業を広げられた一番の要因は、「人との繋がり」。自分の夢ややりたいことを口に出すことでご縁が広がり、当初の物販に留まらず、香りの空間演出や、調香のプロの育成へと広がりました。商品デザインやビジネスのやり方を教えてくれ、全面的にサポートしてくれた夫の存在も大きかったです。お互い会社員だとイレギュラーな対応ができずバタバタでしたが、今は土日夜間とシームレスで働けるので家族の幸福度にも繋がっています。

金融機関を退職後、香りを学び調香師に。雑誌「VERY」主催「未来のミセスCEO」に選出されたことを機に、香りの空間デザインや商品開発など活躍の幅を広げる。

【フリーランスへ】平原礼奈さんの場合

◯ 人材教育系の出版企業からフリーランスへ 平原礼奈さん(40歳)
フリー10年目。最近では障害や性を超えたパフォーミングアーツイベント「True Colors CARAVAN」の広報を担当。

<今の働き方の幸せ> 役割にこだわらず、目的に合わせて魅力的な仲間と仕事を続けられること

社会貢献度 ★★★★★
安定した収入 ★★★☆☆
人との出会い ★★★★★

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ