無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ビール好きのための必見ダイエットテク。ポイントは3つ[太らないビールの飲み方]

美容

食欲の秋。旬な味覚にビールって最強の組み合わせです。でも、それゆえに「ダイエットをしたいけど、大好きなビールだけは我慢したくない!」と思っている方も少なくないでしょう。カロリーが高いと思われがちなビールですが、実は「ビール=太る」は誤解であり、気をつけて飲めば太りにくいことで知られています。そこで今回は、【太らないビールの飲み方】について解説します。ダイエットする方法について紹介します。

|ビールってダイエット中に飲んでもいいの?

「ビールを飲むと太る」というイメージがあるのは、なぜでしょうか? 実は、ビール自体のカロリーはそれほど高くなく、100mlあたり約40kcalとされています。350ml缶を1本飲んでも約140kcal前後であるため、「そこまで高くないな」と思う方も少なくないでしょう。

この「ビールは太る!」というイメージがついているのは、極端に飲みすぎてしまうことや、ビールと一緒に食べるおつまみのカロリーが高いことが原因。アルコールを摂取することで食欲が増すため、飲めば飲むほどおつまみに手が伸びてしまいます。さらに、ビールと一緒に食べるおつまみといえば、唐揚げなどの揚げ物など、油っこいものが人気。こういった理由から「ビール=太る」というイメージを持たれていますが、飲み方に気をつければダイエット中に飲むことも可能です。

|糖質オフビールと糖質ゼロビールの違いって?

ビールにはさまざまな種類があります。ダイエット中の方にとって特に気になるのは「糖質オフ」や「糖質ゼロ」というワード。この2つの違いはどのようなものでしょうか?

糖質オフと糖質ゼロのビールは、糖質の量が違います。糖質オフのビールは100mlあたりの糖質量が2.5g以下、糖質ゼロのビールは100mlあたりの糖質量が0.5g以下というのが定義。まったく糖質が入っていないというわけではないものの、どちらも限りなくゼロに近いということがわかります。元々それほどカロリーが高くないビールですが、ダイエット中の方は糖質の少ないビールを選ぶことをおすすめします。

|知って損なし! 太りにくいビールの飲み方

それでは、太りにくいビールの飲み方について、具体的に3つのポイントを紹介します。

(1)水と一緒に飲む

ビールを飲むタイミングで、水と一緒に飲むようにすると、太りにくい傾向にあります。このとき、ビールと同じ量の水を飲むことができたらベストでしょう。ビールをはじめとするお酒には利尿作用があるため、飲みすぎるとからだの水分が失われてしまいます。水分が失われると老廃物をうまく排出することができず、むくみの原因になりかねません。

(2)糖質、脂質の少ないおつまみを選ぶ

前述した通り「ビール=太る」というイメージは、油っこいおつまみに原因があります。豆腐や枝豆、サラダなど、糖質や脂質の少ないおつまみに変えるだけでも、充分太りにくくなるでしょう。

(3)ゆっくり飲む

カロリーが高くないビールとはいえ、極端に飲みすぎると太る原因にもなりかねません。ビールはウィスキーやワイン、日本酒などとは違い、アルコール度数が低いです。アルコール度数が低いからこそゴクゴクと飲んで、おつまみにも手が伸び、結果としてカロリー過多になってしまった……というパターンが非常に多いので、ビールを飲むときは、ゆっくりと時間をかけるようにしましょう。

|漢方薬を服用するのもおすすめ

「ビールを飲みながらダイエットもしたい!」「すぐに食生活は変えたくない!」という方には、漢方薬を服用するのもおすすめ。ダイエット外来の治療でも使われている漢方薬は、体質や症状の根本的改善を目的としており、一般的に西洋薬よりも副作用が少ないといわれています。

ダイエットには、代謝を上げたり、脂肪の消化や吸収を抑えたり、便と一緒に脂肪を出す作用のある漢方薬を選びます。また、ビールを飲む方などには利尿作用を促進して、排出するなどのアプローチで、太りにくく痩せやすいからだが手に入れられます。カロリーの低いビールですが、飲みすぎるとむくんでしまいます。むくみはデトックスの妨げにもなり、太りやすくなることもあるのです。そのため、漢方でむくみにアプローチし、からだの中の老廃物を排出させるといいでしょう。

<ビールでむくみやすい方におすすめの漢方薬>

・五苓散(ごれいさん)…からだの水分代謝を整えることで老廃物を排出し、むくみにくくする役割を持っています。ビールの飲みすぎによる二日酔いへのアプローチにも効果的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ