無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老け見えの原因は眉にアリ!オトナ女子が気を付けるべき「30歳からの眉メイクのコツ」

メイク

アイドレッサーのMAKOです。30代以上の方の眉のお悩みとして「昔抜いてしまったせいで眉尻側の毛が生えてこない!」と言うものをよくお聞きします。描き足せばいいのだけれど、なんとなく自分が描くと昔のメイクから抜け出せずに少し時代遅れな印象になる…とお悩みの方必見!この記事ではそんなお悩みを解決すべく、アラサー女子の今っぽな眉の描き方と注意点を一緒にお伝えします。

アラサー女子の眉のお悩み

冒頭でもお話ししましたが、昔のトレンドを恨んでいる30代以上の方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

アムラー世代を経験した方はわかると思いますが、当時のトレンドは角度のある眉に、できるだけ細い眉が大正解とされていました。

現在のトレンドに合わせると確実に足りないところだらけですね。

それでは、どうしたら今っぽ眉に近づけるのか?詳しく解説していきます!

ステップ①まずはパウダーで足りない部分を埋める

毛のないところに直接ペンシルで眉を描くと、思っているよりも濃くなってしまったり、線がそのまま浮き出てしまってあまり綺麗に見えなかったりします。

ふんわり流行りの平行眉を作りたいなら、はじめにアイブロウパウダーをのせると、濃くなりすぎず描くことができます。

また、それでも濃くなってしまう方は、アイブロウパウダーをのせる前にフェイスパウダーを眉周り、眉の中までしっかりとブラシでのせてみてください。ふんわりした仕上がりになる上に、不要な油分や水分を取り除くことができるので、日中も眉が消えにくくなります。

ステップ②色味・濃さを今っぽく調節

この工程が今っぽ眉作りにはかなり大事です。

眉が少ない・細い人は直接お肌に色をつけるので、ベタッと塗った感が出てしまいグラデーションが作りにくいです。

それを避けるためには全体にブロウパウダーで色をつけるのではなく、毛のないところにしっかりと濃さを出すように色をのせてください。

大体の方が眉頭の方には毛があることが多いので、眉頭にブロウパウダーをのせてしまうと全体が濃くなってしまいます。

なので眉頭はこの時点では触らない、もしくは眉尻にのせているブロウパウダーよりも少し明るいブロウパウダーをのせてあげるとより自然に仕上がります。

ステップ③足りないところはペンシルで足す

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ