無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これから流行るグレージュは?明るめ・暗め、ブリーチあり・なしでご紹介♡

ヘアスタイル

透明感とツヤを叶えつつ、くすんだ色味でお洒落なグレージュ。グレーとベージュの色を合わせたグレージュは、髪の赤みを抑えてくれて、色落ちまで楽しめる人気色。しかも、ブリーチありでもブリーチなしでも理想の髪色になれるのもグレージュならではの魅力。今回は、グレージュの中でも今人気のグレージュカラーをピックアップして、明るめ、暗めのトーン別でご紹介。さらに、ハイライトのグレージュも。いろんな色のバラエティがあるグレージュだから、この記事であなたのお気に入りグレージュを見つけてみて♡

グレージュってどんな色?

\ 「グレー」と「ベージュ」の色を合わせたカラー /

グレージュは、「グレー」と「ベージュ」の色を合わせたカラー。グレーの色が持つくすみとベージュの色が持つ透明感が、暗めでも透け感とツヤのある髪へと導きます。
グレージュの魅力は、日本人に出やすい髪の赤みを抑えてくれること。それから、色落ちまできれいと可愛いが続くこと。カラーをすると、色落ちするときに赤色や黄色、オレンジ色が出てしまうという方も、グレージュなら長くカラーを楽しめます。
また、本物の外国人風のヘアスタイルを叶えてくれるのもグレージュの魅力。色素が薄めで透明感のある髪色でなりたいスタイルを再現できます。

このスタイル画像をもっと見る

グレージュにするなら、ブリーチあり?ブリーチなしでも大丈夫?

\ ブリーチありでも、ブリーチなしでもきれいな髪色に! /

グレージュは、ブリーチありでもブリーチなしでもきれいな色が出せるカラー。落ち着いた雰囲気にしたいときやダメージが気になるときは、ブリーチなしで抜け感を演出できます。
グレージュの持つ色味をしっかり出したいときや、本物の外国人風の髪色にしたいときは、ブリーチをしてからカラーすることでより理想の髪色へ。
ベースの髪色によってもブリーチありがいいか、ブリーチなしがいいかは変わるので、スタイリストに相談を。ベースが暗めでも、ダブルカラーにすればブリーチなしで理想のグレージュを再現できます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】と【暗めグレージュ】あなたはどっち?

明るめグレージュ

ナチュラルなのに透け感がある外国人風の髪色にしたいなら、明るめグレージュがおすすめです。ハイトーンの色ほど明るすぎず落ち着いた色味で透け感を出したいときも、グレージュならほしい質感を叶えられます。

このスタイル画像をもっと見る

暗めグレージュ

髪色を明るくしたくはないけれど暗髪でも透明感がほしいなら、暗めグレージュがベスト。黒髪だと重すぎるけれど、茶髪にはしたくない。そんなときも、グレージュならナチュラルな透明感とツヤを演出し、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。

このスタイル画像をもっと見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ