無料の会員登録をすると
お気に入りができます

文具ソムリエールが絶賛する「ストレスのない修正テープ」と、失敗しないコツ

ライフスタイル

新しい文房具との出会いは、仕事を効率化させてくれることもあれば、仕事のモチベーションを上げてくれることもある。そんな、毎日をちょっとだけ底上げしてくれる文房具との出会いをお手伝いするのがこの企画。今回は「書き間違いをスマートに直したい」という方にぴったりな文房具を、文具ソムリエールの菅未里さんが紹介します。

手帳や書類、仕事をしていると書き間違いはつきものです。字を消す道具は消しゴムや修正テープなどがありますが、今回は社会人が使う頻度が高い「修正テープ」を見ていきましょう。

ボールペンなど消しゴムで消すことができないインクを上から隠ぺいして消すタイプの修正テープや修正液。現在はインクの乾燥を待つ必要がない修正テープを使う方が主流です。しかし、修正テープに種類がたくさんあることを知らない方が多いのです。相性の良い修正テープを見つけてきれいにしっかり修正していきましょう。

ホワイパークリームテープ/PLUS

修正テープといえば白い帯状の物をイメージするでしょう。実は白だけでなくクリーム色や特定のノートの色に合う専用の商品などテープの色には違いがあります。

「クリームテープ」はその名の通り、クリーム色の修正テープです。ノートや手帳など白ではなく黄みがかった色のものを使っていると白い修正テープではテープで隠した場所がかえって目立ってしまうことがあります。

しかし、クリームテープならクリーム色のノートに馴染んで悪目立ちを防いでくれます。

価格:330円

他にも、ファンが多い「ロルバーン」のノートには専用の黄みが強いテープがあり、一般的な白に見えるキャンパスノートにも専用の修正テープがあります。

▲左から、ロルバーン 修正テープ 363円、キャンパス ノートのための修正テープ(使い切りタイプ)B罫用 230円、キャンパス ノートのための修正テープ(使い切りタイプ)A罫用 230円

モノエアー/トンボ鉛筆

こちらの「モノエアー」は、一見、何の変哲もない修正テープに見えますが、軽い引き心地が特長です。独自機構の「エアータッチシステム」を搭載し、テープを切るための抵抗がいらず消し心地が軽いのです。修正テープを引くときのカチカチとした独特な音もしないので、集中力を削ぎません。

さらにヘッド部分が大きく傾くためテープが紙面にしっかり密着し、ヨレやズレが少なくきれいに修正できます。

価格:275円

ホワイパースイッチ/プラス

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ