無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大胸筋のポテンシャルが目覚める。バスト周りの歪みを整える、簡単ストレッチ3選

美容

ヘルシーでメリハリのあるボディを持つ、ピラティスインストラクターの関清香さん。今回はバストまわりをほぐすための厳選したスペシャルプログラムを伝授!

大胸筋をほぐして鍛えるとバストの印象が激変。

ピラティスインストラクターの関清香さんに寄せられる相談で、このところグッと増えてきたのが、胸が落ちてしまったという悩み。

「前かがみの姿勢をしている時間がただでさえ長いのに、リモートワークが増えて人に会う機会が減ったことで、良い姿勢を気にしなくなってしまったのが原因です」

バストの土台は大胸筋。胸部全体に扇状にある大きな筋肉だ。でも、悪い姿勢でいることで筋肉は硬くなり、鎖骨まわりのバストを引き上げる力も失って、胸は下がり、しぼんだように見えてしまう。

「バストの土台を安定させ、厚みも出す大胸筋を作るには、必ずほぐしてから鍛えること。姿勢矯正にもなるほぐしは毎日してほしいのですが、一緒に毎日鍛えれば、確実にバストアップが叶います」

ほぐしの動き

肩甲骨まわり~背中の順番でほぐすと肩を自由に動かせるようになり、大胸筋のポテンシャルが目覚める。最後に大胸筋をほぐせば、バストアップトレーニングに必要な準備は万端。

【肩甲骨にアプローチ】体育座りストレッチ(10回)

巻き肩で固まってしまった肩甲骨周辺の筋肉をほぐすストレッチ。体重を乗せることで負荷がかかり、自然と胸が開きやすくなる。力任せにやらず、じっくり負荷をかけて。

はじめの姿勢
体育座りから両手を体の少し後ろにつき、お尻だけ前に移動。

1、手のひらは床につけず、指で床を押す。息を吸いながら、上体を骨盤の上に乗せるイメージで、肩を反らす。重心は骨盤を意識。息を全て吸い込むまで姿勢をキープ。

2、息を吐きながら、胸を閉じるように肩だけ前に動かす。肘をゆるめて、重心を骨盤から腕の方に。体重も腕の方に乗せるイメージ。吐ききったら1に戻る。1~2を繰り返す。

【NG】肩が動かず背中が丸まっている
肩が動きにくい人がやりがちなのが、背中を丸めたり肘を曲げて、肩を前に動かした気になること。

【背中にアプローチ】パピーポーズストレッチ(2回)

子犬が伸びをするようなポーズは、肩まわりと背中全体をストレッチできる。背骨の間が広がるように感じて心地よく、胸も開くので呼吸が深くなり、全身の緊張がほどける。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ