無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12月は「だいこん、レタス、きゅうり」が安価傾向。農水省の見通し

ライフスタイル

何かと値上げラッシュの今、自炊での節約も重要ですよね。

2022年12月に安値傾向になる野菜はどれか、農林水産省が公表した「野菜の生育状況及び価格見通し」をもとに紹介します。

生育良好で平年より価格が下回る

農林水産省は2022年12月1日、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の主産地等から聞き取り調査をした結果を公表しました。

それによると、12月はだいこん、レタス、きゅうりが、安値傾向となる見込みです。

野菜はビタミンやミネラル、食物繊維等が豊富に含まれているので、毎日の健康的な食事には欠かせない食材です。

だいこんの主な産地は、千葉(56%)と神奈川(35%)。生育が良好であり、12月の出荷数量は平年を上回り、価格は平年を下回って推移する見込み。

レタスの主な産地な静岡(33%)、茨城(15%)、兵庫(14%)、長崎(11%)。一部主産地において、生育が良好です。

きゅうりの主産地は、宮崎(44%)、千葉(16%)、高知(12%)。主産地において、生育が良好です。

大根はおでん、レタスは鍋など、寒い季節らしい料理にも重宝できますよね。

買い出しや献立の参考にしてください。

(東京バーゲンマニア編集部)

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ