無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高価格帯でも2000万食突破!ファミマの「SPAMむすび」ってどうなの?

グルメ

ファミリーマートのおむすびコーナーにある、200円台後半の「SPAM(スパム)むすび」。

おにぎり・おむすび商品としては少し高価格帯なのでこれまで手に取ったことがなかった記者ですが、SNSで好評の声が多かったのと、2022年12月6日に新商品が出たので、試しに食べてみました。

SPAMむすびが特に支持を得ている点が「ボリューム感」。そこで王道の「シーチキンマヨネーズ」のおむすびと比較してみました。

シーチキンマヨの約1.4倍の重さ

ファミマが2021年8月から販売している「SPAMむすび」はシリーズ累計販売数2000万個以上の人気商品です。

定番の「SPAMむすび ツナマヨネーズ」(268円)に加え、2022年12月6日からは「SPAMむすび コクうまチーズ」(278円)が沖縄を除く全国の店舗で販売中です。

世界中で流通しているホーメルフーズ社の「SPAM」(ランチョンミート)を使用しています。新商品の「コクうまチーズ」は、チェダーチーズのスライスと、コクのある粉チーズとペッパー入りマヨネーズを、SPAMとはさんだおむすびです。

持った感じからして、ボリューム感があるような印象を受けました。自宅のデジタルはかりで重さを測ってみると、151gでした。一方で、定番の「手巻 シーチキンマヨネーズ」(135円)は109gだったので、約1.4倍の重さです。

栄養成分表示もチェックしてみます。

<SPAMむすび コクうまチーズ>
熱量374kcal、炭水化物43.4g(糖質42.5g、食物繊維0.9g)、蛋白質10.2g、脂質17.9g、食塩相当量1.6g

<手巻 シーチキンマヨネーズ>
熱量236kcal、炭水化物38.9g(糖質38.1、食物繊維0.8g)、蛋白質4.9g、脂質6.9g、食塩相当量1.1g

カロリーはSPAMむすびがシーチキンおにぎりの約1.6倍。炭水化物や糖質が大きく変わらない(約1.1倍)のは、うれしい驚きでした。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

具材の存在感がすごい!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ