無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腰周り&二の腕の引き締め効果も。内臓機能を向上[ホルモンバランスを整える]簡単習慣

美容

ゆっくりとした動きで体を動かすヨガは体の柔軟性を高めつつ血行促進するので、女性特有の生理時の症状を和らげる効果を期待できるのが魅力の1つ。そこで今回は、腰周りや二の腕の筋肉を強化しつつ、内臓機能と自律神経を整える簡単ヨガポーズ【ハラアーサナ】を紹介します。ホルモンバランスを整える効果を期待できるのも魅力です。

【ハラアーサナ】

(1)両脚を閉じて仰向けに寝る

▲足のつま先を天井に向けます

(2)腹筋を意識しながらゆっくり両脚を天井方向に持ち上げる

▲両脚は脚の付け根から曲げて子宮まわりの筋肉を刺激します

(3)ゆっくり上半身を持ち上げてお尻を天井に向けたところで3〜5呼吸(約30秒間)キープする

▲お腹とお尻をしっかり引き上げて、背骨をまっすぐにします。

※できる人は足のつま先を床につけ、さらにできる人は両手を組んで、肩甲骨を寄せてポーズをキープします

キープが終わったら、首側の背骨から1本ずつおろしていきましょう。なお、期待する効果をきちんと得るためには「キープ時に背中をまっすぐにしてお尻をしっかり天井方向に向けること」、「あごを引いて行うこと」がポイントです。

自律神経やホルモンバランスが整うことで、子宮の機能の向上も期待できますし、生理時の症状の緩和にもつながります。腰周りや二の腕の引き締めにも効果的なので、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:Minami(マシンピラティスWECLEトレーナー/トレーナー歴4年)>

WECLE
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ