無料の会員登録をすると
お気に入りができます

進化がとまらない!セブンの新しい「シュークリーム」は香ばしい生地とクリームのバランスが絶妙だった

グルメ

セブンイレブンのシュークリームが、2022年末にリニューアル! 以前のシュークリームとの違いや特徴をレポートします。

定期的にリニューアルしている、セブンイレブンのシュークリーム。2022年6月に発売された「シュー・パティシエール」に続き、2022年12月27日に発売されたのが、「窯焼きシュー とろ生カスタード」(税込140.40円)です。商品名もフランス語から、わかりやすく商品の個性を伝えるネーミングに変わりました。

シュー・パティシエール

香ばしさがありつつ歯切れのよい生地に変化!

アーモンド生地のない、オーソドックスな生地にリニューアル
シュー生地は、以前はアーモンド生地を被せて食感と香りに特徴を出していましたが、今回はオーソドックスな生地に。発酵バターを使用しているのがこだわりで、香ばしい風味と口どけのよさが際立ちます。

こぼれそうなほど「やわらかなクリーム」は、なめらかさがアップ!

とろりとしたテクスチャーは以前と同様ですが、よりクセのない味わいに
中のクリームは、スイーツ専用の卵『エグパティシエール®』を使用している点は同じですが、以前よりもさらにとろりとやわらかなテクスチャーに。つるんと舌触りがよく、なめらかさもアップしたように感じます。

生地とクリームの味わいのバランスが◎

卵臭さがなく、クリーミーな味わい
味は卵のコクとミルク感がほどよく調和していて、バニラの香りは控えめ。生地の香ばしさがクリームのコクを引き立てています。

セブンイレブンはシュークリームへのこだわりが強い!

トレンドの味を取り入れて進化中!
クリームをたっぷり食べたい!という人にはやや物足りないかもしれませんが、個人的には以前の「シュー・パティシエール」よりも、今回の「窯焼きシュー とろ生カスタード」のほうが生地とクリームのバランスがよく、好みの味わいでした。

シュー・パティシエール

昨今、セブンイレブンのシュークリームは半年に一度のペースでリニューアルしており、シュークリームへのこだわりは、コンビニ大手3社のなかでもっとも強いように感じています。

その時々のトレンドも取り入れているので、毎回新しい味が楽しめる半面、好みに合う・合わないがはっきりしますし、「セブンイレブンのシュークリームはこの味!」というスタンダードが少し見えにくくなっている気もします。そうした王道スイーツの商品開発の難しさを感じるとともに、2023年のセブンイレブンのスイーツはどう進化するのか、期待がさらに高まっています。
<関連記事>

【2023年トレンド】ヒットしそうなコンビニスイーツを「3つのキーワード」から予測してみた
【2022年】ヒットしたコンビニスイーツは? 「4つのキーワード」でトレンドを振り返る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ