無料の会員登録をすると
お気に入りができます

きれいめ派の[冬のキャップ]の取り入れ方!防寒にもお出かけにも

ファッション

髪型やノーメークもカモフラージュできちゃう帽子はママたちにとって心強いアイテム。夏は日除けにかこつけてハットもかぶれますが、冬はいかに自然にかぶれるかが重要なのでキャップ人気が急上昇中。キレイめをキープしながらコーデに馴染ませる方法をご紹介します!

ベージュ系のダウンならキャップ合わせでもフェミニンに

黒ダウンにキャップだとカジュアル感が増しますが、柔らかいカラーのダウンならちょうどいいバランスに。ロゴ入りのものを選ぶとポイントになります。

読者に大人気のミュウミュウのロゴキャップ。シンプルながらロゴの甘さやそこはかとない上品さで、カジュアル服もサマになります。今季は刺繍がゴールドになって進化!コートはハイクのもの。撮影/水野美隆

オフホワイトのダウンベストとベージュのストールに、少しくすんだネイビーのキャップがなじみます。華奢なロゴもカジュアルになりすぎないポイント。キャップはシー、ダウンベストはユナイテッドアローズのもの。撮影/須藤敬一

キャップがカジュアルなぶん足元はブーツでキレイめにする

キャップにスニーカーだとカジュアルすぎるかな…という場合に活躍するのがぺたんこブーツ。動きやすさはそのままに、シュッとした足元でキレイめにまとまります。

マウンテンパーカーにキャップのカジュアルも、スエードブラウンのブーツでエレガント。配色ソールやバッグの千鳥格子柄がポイントになっています。キャップはカシラ、ブーツはピエール アルディのもの。撮影/川崎貴一〈MOUSTACHE〉

ベージュのロゴキャップはフェミニンに使いやすそう。緩めのパンツはミドル丈ブーツにインするのが今年っぽい。サラッと羽織ったカーディガンもキレイ見えに一役買っています。キャップはBLUR1.0、ブーツはアルアバイルのもの。撮影/川崎貴一〈MOUSTACHE〉

ツイードコーデもキャップ合わせで行動範囲が広がる!

ツイードジャケットなどのコンサバアイテムにキャップで外すというテクニックも意外と◎。ボトムスはパンツを合わせておけば、ツイードで公園や旅行といったアクティブシーンにも対応できます。

白のツイードジャケットにデニムの甘辛コーデにロゴキャップが絶妙なバランス。差し色キャップを一つ持っておくとコーデが締まって便利です。キャップはスターター、ジャケットはデミルクスビームスのもの。撮影/水野美隆

ツイード素材のプルオーバーは、コンサバ感はありつつジャケットほどかしこまらず着られるアイテム。ホワイトマウンテニアリングのキャップは内側がキルティングで暖かいのも嬉しい。トップスはガリャルダガランテのもの。撮影/水野美隆

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ