無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[リキッド・クリーム・パウダー]何が違うの?艶っぽモテまぶたはどれでつくれる?

目元を彩る為のアイシャドウ。最近は色味だけでなく、質感も重視されてきています。ツヤのある目元は色気のある雰囲気も感じさせます♪濡れたようなツヤまぶたも、使うアイテムを絞るだけで簡単に叶えられます♡今回は今トレンドのツヤまぶたを作るおすすめアイシャドウを、リキッドやクリームタイプに絞ってご紹介します。

メイク

まず気になる!アイシャドウの種類

アイシャドウといっても種類は様々。似たような質感も多く区別がつきにくい人も多いはず。

まずは改めて種類を振り返っていきましょう!

①パウダータイプ
→定番の粉状アイシャドウ。使うツールは問わないが、アイシャドウブラシでのせると自然に仕上がる。

②リキッドタイプ
→液状のアイシャドウ。みずみずしい質感で、付属のアプリケーターか指で伸ばすのが基本。

③クリームタイプ
→練り状で固まってパレットに入っているか、容器にクリームのまま入っている。指で塗ると綺麗に仕上がる。

④ムースタイプ
→クリームよりは質感が軽く、仕上がりはパウダーのようにサラサラとしている。

⑤ペンシルタイプ
→ペンシル型になっている為、細かい部分にも塗りやすい。密着度が高いので発色が良い。

代表的な種類を紹介しましたが、どんどん新しいコスメは出てきているので、他にも種類はたくさん。
それぞれ仕上がりや使うツールが全然違うんです。

ツヤまぶたには!リキッドかクリームが◎

ツヤまぶたを表現するには、リキッドかクリームタイプがおすすめ。
他よりも油分や水分が多めに配合されているので、ツヤを出しやすいアイテム。

ラメやパールが入っているものを意識して選ぶと、よりうるっとした目元を表現しやすくなりますよ!
また指で塗ることでパウダーよりも発色が増すので、ラメ感などが綺麗に出るのもおすすめポイント。

使ったことが無い人にはぜひ試して欲しい種類です♪
ムースタイプなど見分けが難しいものもあるので、選ぶ際は実際手にとって質感を確認してみて。

リキッドアイシャドウを使う時の注意点

リキッドやクリームタイプを使うにあたって、注意点や使う時のコツが必要になります。
それを頭に入れておくともっと綺麗にメイクができますよ。

水分や油分が多いので、ヨレやすかったり二重幅の線に溜まりやすかったりするという特徴も…。塗り方を工夫することが大切です。

塗るときにはなるべく一気に乗せてしまうのではなく、少しずつ重ねながら調整していきましょう。
最近だとぴたっと密着してヨレにくい仕様のものなどたくさん出てきていますが、そちらは乗せたらすばやく広げていかないと固まってムラになってしまうことも。

また、直接まぶたに乗せるより一度手の甲にとって、指で調節してからなじませるのもおすすめ。
細かい部分は小指を使うなど、思いがけないところにアイシャドウが付いて失敗しないように注意して。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ