無料の会員登録をすると
お気に入りができます

24時間使えるコンビニATM、どこが便利?手数料は?

ライフスタイル

コンビニに置かれているATMは4種類

コンビニATMと言っても、実際に置かれているATMは大きく分けて4つ。全国ネットでつながっている「e-net」、ローソン独自の「ローソンATM」、セブン-イレブンを中心に置かれている「セブン銀行ATM」、そして「ゆうちょATM」。コンビニに置かれているのは、このうちのどれか、ということになります。

このほか、JR東日本管内の駅構内にあるのが「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」。VIEWカードを持っていないと使えないと思いがちですが、ゆうちょ銀行や都市銀行、JR東日本管内の地銀のキャッシュカードが使え、一部ネット銀行にも対応しています。駅構内にあるので、意外と便利に使えます。

どのコンビニに、どのATMが置かれているのかといえば、ローソンは当然「ローソンATM」。セブン-イレブンには「セブン銀行ATM」が置かれています。ファミリーマートのみ「e-net」もしくは、「ゆうちょATM」が置かれています。大手コンビニ以外は、「e-net」が置かれていることが多いです。まずは、この点を理解しましょう。

結論からいえば、ほとんどのコンビニATMでお金が引き出せる

では、自分のキャッシュカードはどこのコンビニ、どのATMで使えるのか?が気になるところ。でも結論から言えば、どのATMでもお金をおろすことができます。

都市銀行はすべてのATMと提携しており、全国どこのコンビニでも使えます。地方銀行については、提携が広がり、利用できるATMが年々増えています。ただ、全国の地方銀行がすべてのATMと提携しているわけではありませんので、注意が必要です。年末年始に地方から東京に遊びに行く予定があるなら、あらかじめ、どのコンビニ、どのATMと提携しているのか事前に確認しておくといいでしょう。

では、何が違うのでしょうか。

ATMで行うことには、お金を「引き出す」「預ける」「残高照会」「振り込み」。この4つの機能がメインでしょう。この機能がすべて使えるのか、利用手数料はいくらなのか、何時から何時まで使えるのか、という点に違いがあるのです。

コンビニATMの利用手数料、利用時間は自分の銀行の利用規約によって違う

コンビニでお金を引き出すのに、どの銀行のキャッシュカードを使うのかという点が重要です。一般的な銀行の例でみてみましょう。

一般的な銀行の提携ATM手数料の一例(税込み)

おおむね、どの銀行も提携ATMの利用料を図のように平日、土日祝日、利用時間帯によって、手数料を定めています(細かくは銀行によって異なる)。置かれているコンビニATMは店舗によって異なりますが、24時間利用できるのが最大のメリットです。しかし、利用時間帯に関わらず、残高照会以外はATM手数料がかかるのが一般的です。コンビニ側でATM手数料を定めているのではなく、銀行側で手数料を決めているのがポイントです。

たとえば、大手三行のコンビニ手数料は以下のように異なります。

◎三井住友銀行
平日       :0:00~8:45 220円、8:45~18:00 110円、18:00~24:00 220円
土日祝日 :終日220円

◎みずほ銀行
平日       :0:00~8:45 220円、8:45~18:00 110円、18:00~24:00 220円
土曜日  :0:00~22:00 220円、22:00以降は利用不可
日曜日  :0:00~8:00は利用不可、8:00~24:00 220円
祝日     :終日220円

◎三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行はコンビニATMによって利用料が異なります。
<セブン銀行ATM>
平日       :8:45~18:00 220円、その他の時間は330円
土日祝日 :終日330円
毎月25日と月末日:8:45~18:00 無料、その他の時間は110円

<ローソン銀行ATM>
平日       :8:45~18:00 110円、その他の時間は220円
土日祝日 :終日220円
※2021年4月ごろ、改定予定

<ファミリーマート・イーネットATM>
平日       :8:45~18:00 198円、その他の時間は308円
土日祝日 :終日308円
毎月25日と月末日:8:45~18:00 無料、その他の時間は110円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ