無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのデカ目メイク古いかも!令和の流行デカ目は縦じゃなくて横♡幅広アイを作る方法は!?

メイク

そのデカ目メイク古くない?!平成と令和のデカ目メイクの違い

時代が移り変わるようにメイクの方法も時代によって変化していくもの。デカ目メイク一つとっても並べてみるとこんなに違いが出るんです…。

メイクが古臭いと、せっかく頑張って旬なファッションに身を包んでも、なんだか垢抜けない印象になってしまいます…。

デカ目メイクも新しくチェンジしてイマドキの旬顔を手に入れちゃいましょう♪

平成デカ目メイクは『縦』がポイント

古い印象のデカ目メイクの特徴は縦方向へのアプローチ。アイシャドウで縦方向のグラデーションを作り、黒目を大きく見せるために太目にアイラインを引きます。

さらにより縦幅を大きく見せるために、まつ毛はくるんと上向きに!ビューラーを温めてからギューギューとまつ毛を無理やりあげていた方も多いと思います。

目は大きく見えますが『足す』メイクが多いので、どうしても目の周りの印象が濃くなってしまいます。目を閉じたらパンダのようにアイホールが真っ黒…!なんてことも。

令和の最新デカ目メイクのポイント

一方最新のデカ目メイクは横方向にポイントを持ってくるのがコツ!

シャドウは横幅に向けてグラデーションを作り、ラインも目尻へ向かって太く描きます。まつ毛も無理やり上げるのではなく目尻方向に切れ長に仕上げましょう。

印象的な女性らしい目元になれますよ。

目を開けたときに見える部分にピンポイントでメイクを施すので、抜け感が出てお洒落な印象になれます♪

イマドキメイクのポイントは抜け感。メイクを施す部分を絞るのが重要です。

デカ目メイクは、目を大きく見せようとプラスするばかりのメイクになってしまいがち。バブリーな古い印象になってしまうので気を付けてみてくださいね!

今回は最新のデカ目メイクをご紹介しました。メイクも最新にアップデートしてイマドキフェイスを手に入れましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ