無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ほっこり心を癒す?「緑茶系男子」の鎌倉デートを考えてみた

恋愛・結婚

▲「緑茶系男子」の妄想イラスト。フレッシュな空気をまとって若く見えるけど、実はアラフォー世代。

新緑の5月を体いっぱいに感じられるようなデートがいいかも!

彼は今年36歳で、私も立派なアラサー。
平日はお互いに忙しく働いているからあまり会うことはなくて、
そのぶん週末を一緒に過ごすというスタイルが続いている。
あちこち出かけるというよりも、近場でのんびりすることが多いかな。
付き合い始めて1年が経って少しマンネリ化しているところあるけれど、
「結婚」という二文字もちらつき始めている今日この頃。

笑顔が爽やかで一緒にいるとホッとする彼は、言うなれば「緑茶系男子」。
本人もコーヒーよりも緑茶のほうが好きで、
最近は緑茶専門店にハマっているみたい。
一方、お疲れ気味の私は、「マインドフルネス」に興味津々。

そんなわけで今年のゴールデンウィークは、
彼を誘って鎌倉に行ってみたいなと思っています。
新緑の中、鎌倉を散歩するのってとっても気持ち良さそうじゃない?

【11:00】古民家で初めての陶芸体験

まずは北鎌倉駅で下りて、彼と一緒に「たからの庭」を目指す。
駅から10分ほど歩くと、浄智寺の谷戸にひっそりとたたずむ一軒屋が見えてきた!
「たからの庭」は古民家を再生したアトリエ・シェアハウスで、
豊かな自然環境を生かしてさまざまなワークショップやイベントが開かれているの。

今日は、事前に予約していた陶芸教室「たからの窯」に参加!
講師の先生にレクチャーを受けたら、さっそく制作開始。
彼は真剣な表情で黙々と制作に取り組んでる。
でも、不器用な私はなかなか上手にできない・・・(泣)。

すると、
「誰かに見せるために作っているんじゃないんだから、格好なんて気にしなくていいんだよ。
それよりさ、手作りのお皿で毎日一緒にご飯が食べられたら楽しそうじゃない?
どんな出来栄えでも、後で絶対にいい思い出になるから!だからほら、頑張って仕上げちゃおう」と彼。
前向きな彼の言葉にやる気スイッチが入る。

彼といると「もうちょっと頑張ってみようかな」って思えるから不思議。
手作りのお皿を並べた彼との暮らし、どんな感じだろう?

妄想デートスポット⇒たからの窯

【16:00】美しき緑の世界でお茶を一服

▲爽やかな彼は新緑が似合い過ぎる(笑)。自然の中にいても全く違和感ナシ。

体験教室のあとは、寺院巡り。
マイナスイオンたっぷりの空気を吸い込むと、体がみるみるうちに生き返る感じ。
お茶目なところがある彼は終始ゴキゲンな様子で、歌も口ずさんでる(笑)。
なんだかんだ彼とのおしゃべりは楽しくて、長い距離でも難なく歩けちゃう。

寺院巡りの最後は、お目当の「英勝寺」。
「花の寺」とも呼ばれる「英勝寺」は、季節によってさまざまな草花が楽しめるそう。
裏山には竹林があり、今の季節は青々とした竹林と咲き誇る白い藤の花が見事!
予想以上の絶景にしばし見とれてしまう。

5月のうららかな陽気にの中、書院でお抹茶をいただくことに。
「こんな景色の中でお抹茶までいただけるなんて。本当に来れてよかったよ」
と言って爽やかに笑う彼。
無類のお茶好きな彼もかなり満足してくれたみたい。

妄想デートスポット⇒英勝寺

【18:00】彼との将来に思いを馳せる海岸物語

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ