無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ここ本当に新宿!?路地裏にあるレトロ喫茶店が居心地よすぎて一度入ったら出られない・・

旅行・おでかけ

居心地の良さに感動!ゆったりとした時間が流れる穴場喫茶/カフェ アルル

新宿三丁目駅から歩いて6分ほど。三番街商店街の一角に佇む「カフェ アルル」は、1978年創業の老舗喫茶店です。

お店の中は昭和の古き良き香りを残した、どこか懐かしい雰囲気。外から見るよりも広々としていて、アンティーク調のイスやテーブルがお店の奥までずらりと並びます。

実はここ、猫好きの間でちょっぴり有名なお店でもあります。2匹の看板ネコ、人懐っこい「次郎長」と寝てばかりの「石松」がゆるりと出迎えてくれるんです。上の写真は、石松。

「この2匹よりも前に『五右衛門』という先代のネコがいたんです。当初は嫌がるお客さんもいたけど、今ではネコ目当てにやってくる人も多いんですよ」。

そう話してくれるのは、オーナーの根本さん。

キャップにはネコのバッジが。店内にはネコをモチーフにしたインテリアも数多くあり、無類のネコ好きなのだろう・・・と思って話を伺っていると、「僕は、本当はフランス骨董が好きなんですよ」とポツリ。ネコのインテリアの多くはお客さんからプレゼントされたものなのだそう。

実際にお店を見回すと、ネコのアイテムのほかにも、ピエロのオブジェやフランス骨董、絵画などが至るところに飾られています。

「美術品はすべて自分の趣味。流しているジャズも30年くらい同じ。自己流でやってきて41年も応援してもらっているなんて、ありがたいなと思います」(根本さん)

店内には本も充実。写真集などのアートブックに加え、マンガも不朽の名作から連載中の話題作までバラエティー豊か。マンガはオーナー自身は読まないそうですが、「お客さんからリクエストをきいて選んでいる」とのこと!

オーナーの好きなものやお客さんからの愛が詰まった空間には、つい長居したくなってしまう居心地の良さがあります。この日は平日の午後でしたが、お客さんが絶えず訪れ、一休みしたり、会話を楽しんだり、読書をしたり、仕事をしたりと、思い思いの時間を過ごしていました。

カレーピラフ×オムライスが新感覚!人気の「インドオムラ」に舌鼓

昔ながらのメニューやこだわりのコーヒーも、カフェ アルルの大きな魅力です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ