無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自然と体の関係に…「一途だった男」が浮気した意外なキッカケ3選

恋愛・結婚

料理の味が合わず

「彼女のことは本当に大好きです。ただひとつ、料理の味が合わないのが気になって……。よく手料理を振舞ってくれるけど、とにかく味が濃いんです。だから白いごはんが進む進む。でも、言えないんですよね……。
あるとき、会社の花見があって、ある女子社員が作ってきてくれた料理を食べたんです。それがめちゃめちゃ美味かった。それを伝えたら喜んでくれて、“今度食べにきてください”と言われた。
誘惑に勝てず、何度かごはんを食べに行ってしまいました。それが彼女にバレて、キレられました。でも、本当にごはんを食べただけなんです。これは浮気ですか!?」ダイ(仮名)/33歳

まあ、関係が続いていれば、いずれは男女の仲になっていたでしょう。やはり料理というのは、男の胃も心も掴むようです。

痴漢から守ったら

「通勤ラッシュの電車のなかでした。僕の目の前に立っている女性が、怯えたような表情をしてたんです。なんだろうと視線を下げると、男がカラダを触っているのが見えた。ただ、誰の手かは分からず、バッグを押し付けると引っ込みました。
駅で降りたとき、その女性に声を掛けられ、連絡先を聞かれました。そして夜に、“お礼がしたいので食事でも”という連絡が。そこで、彼女がいる……というのもおかしい気がして、会うことに。
すると当日、“渡したいものを家に忘れてきた”と言うので、家までついて行ったんです。どういうわけか家にあがってしまい、そういう関係に……。本当にその一回だけです」ユウ(仮名)/29歳

男は、「お礼がしたい」というフレーズに弱いのかもしれません。誠実な性格ゆえに、無碍にはできないのでしょう。

褒めてくれただけで

「僕が彼女のことを好きで好きで、やっと付き合うことができたんです。ただ、付き合っても冷たい。なかなか会ってくれないし、連絡もあまりない……。
それでも、プレゼントをあげたり、料理を作ったりして頑張っていたんですね。それをあるとき、女友だちと飲んでるときに話したら、“偉い”と言ってくれたんです。“彼女は幸せだ”と。僕は褒められたことが嬉しく、泣いていました。
見たら、その子も泣いてる。収拾がつかなくなり、近くにあるその子の家へ。気付いたら、抱き合っていました」ミチオ(仮名)/28歳

褒められたことで、報われた気がしたんでしょう。いくら相手のことが好きでも、気の迷いというのはやはり起きるようです。

“一途だった男が浮気した意外なキッカケ”をご紹介しました。

例え相手が「好き好き」言っていたとしても、安心し切っていると、ほかの女に目を向けられてしまいます。人生何が起きるか分からないということを、肝に銘じておきましょう。

© Dean Drobot / shutterstock
© fizkes / shutterstock
© Versta / shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ