無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バタートーストのしっとりさくさく感はNo.1。仙台Caslonの「イギリス山型食パン」/おすすめお取り寄せパンvol.8

グルメ

日本全国のお取り寄せパンの中から、いまおすすめのパンをご紹介するこの連載。第8回目は宮城県仙台市にあるCaslon(キャスロン)より、イギリス山型食パンをお取り寄せしました。

お取り寄せパンの中から、いまおすすめのパンをご紹介

おいしさが追及されたこだわりの素材

キャスロンのパンはどれも、天然酵母100%、無添加で、宮城産小麦が使われています。今回お取り寄せしたイギリス食パンでは「ゆきちから」という小麦、フレッシュバターに生ミルク、てんさい糖、岩塩、そして酵母(白神こだま酵母、ルヴァン種)が使われています。

イギリス食パンはキャスロンの20年に渡る創業以来、一番人気のパンだそうです。期待感あふれながら到着を心待ちにしていました。

まるで素敵なプレゼントが届いたような気分に

家に商品が届き感激しました。ダンボールを受け取ったとき、Caslonと書かれた赤いテープはリボンのように見えました。箱を開けるととても丁寧に梱包されていて、子どもの頃夢見ていた大きな大きなプレゼントをもらった様な気分になります。この嬉しさを誰かに伝えたくて、友達や家族に宛てて注文したくなりました。

そしてキャスロンのキャッチフレーズでもある「人生に、おいしいパンを。」と書かれたポスターサイズのプリントが入っていました。

裏面にはパンのメニューや保存方法、おいしい食べ方が記載されています。

ショップが紹介されたパンフレット、それが入っている封筒などからもこちらのお店のセンスや清潔感、真心が伺えました。

イギリスパンならではの美味しさとキャスロンの魅力

イギリスパンは日本で作られている食パンと比べるとキメが粗く、砂糖やバターをあまり使わないため、あっさりとした味わいです。また角食パンと違い蓋をしないで焼くため、上部が山型になるのも特徴ですね。

伝統と基本に忠実に作り続けているというキャスロンのイギリス山型食パンもまた然りでした。

断面を見るとかなりキメが粗く空気が含まれているのが分かります。そのまま食べると小麦の甘味がとても感じられ美味しく、さらにトーストすると、空気が含まれた軽さで表面のサクサク感がすごいのです! トーストして何もつけなければパリパリと音がするほどのサクッとした食感。これはたまりません。

そして、やはりイギリスパンの食べ方の王道、トーストしてバターで頂きます。

食パン自体あっさりとした塩味なので、どんな食材にも合わせやすいのがイギリスパンの魅力の一つですが、バターはその中でもシンプルながら最高だと思いました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ