無料の会員登録をすると
お気に入りができます

扉を開けたくなるカード vol.14 「wooden furさん」

インテリア

大きな耳をピンと立て、しっとりとしたやさしい目でこちらを見つめるフェネック。シンプルなデザインながら、作品の素材である「木」がもつあたたかみを感じられるような素敵なカードと出会いました。「他の作品も見てみたい」と望んでしまうカード。作り手のwooden furさんにお話をうかがいました。

wooden fur

ペットなどの動物を中心に、木材を削り出し、そのやわらかな毛並みまで表現する木彫作家さん。

https://minne.com/@k10ko

やさしい目で見つめられ

このカードをいただいて、しばらく目を離すことができませんでした。木製のほっこりとした印象も魅力ですが、じっと見つめる目になんだか見入ってしまって。このカードは、いつごろから使われているものですか?

wooden furさん: 2017年の9月にminneにギャラリー開設をしたのですが、その年のハンドメイド大賞にノミネートいただくことができたので、その授賞式でみなさんにお渡しできるように制作したものなんです。minneでの活動が、きっかけとなったカードですね。

そうだったんですね、うれしく思います。これは「フェネック」ですか?

wooden furさん: はい。楠の木を手彫りして、アクリルで着色した「フェネック」です。木の色を生かした着色ができて、気に入っています。

シンプルに、作品を伝える

このカードをデザインされるうえで、いちばん大切にされたのはどんな点でしょう?

wooden furさん: まずは、作品写真を載せることは第一に考えましたね。お客さんが、イベントなどでたくさんカードをもらって家に帰ったあと「誰のカードかしら?」とならないように、「こういうものを、つくっています」と伝えることにしました。

どういったものを制作されているかもわかりますし、他の作品も見たくなる、というのがいいですね。

wooden furさん: あとは、基本的にシンプルなものが好きなので、可愛さや親しみやすさは動物に任せてしまって、白を貴重にできるだけシンプルにデザインしました。「一点もの」の特別感も感じとっていただけるとうれしいなと思います。

「名刺は、自分を表現するもの」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ