無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのシャンプー老け顔を作るかも!やりがち!シャンプーのNGポイント5つ

美容

老け顔になるNGポイント①予洗いせずに髪を濡らすだけでシャンプーをつける

シャンプーを泡立てるために髪の毛を濡らすだけ、という方も多いよう。

ですが、最初にお湯で髪を流すのはしっかりと予洗いを行うという目的があります。お湯でサッと流すだけでは、頭皮や髪にたまった汚れが落ちず、シャンプーがしっかり泡立たないことも。シャンプーの量が増えれば増えるほど、髪に与えるダメージも大きくなってしまいます…。

頭皮と髪の毛の汚れは予洗いで落とすことを意識しながら、しっかりと指でマッサージをしつつ、お湯で洗い流すようにしましょう。
シャンプーの効果が上がるだけでなく、髪への負担も減らすことができ、健康で美しい地肌を保つことができますよ。

老け顔になるNGポイント②シャンプーを泡立てずに直接つける

髪に直接シャンプーをつけたり、手に出していても泡立てずにシャンプー原液をそのままつけたりするのはNG。洗顔料と同じようにシャンプーも泡立ててからつけることで、頭皮を優しく洗い上げることができます。

シャンプーは1度手に取り、できれば両手で泡立ててから根元から揉み込むようにして洗いましょう。泡立ちが悪いときはそのままシャンプー原液を追加するのではなく、一度洗い流してからもう1度シャンプーするのも効果的です。泡立ちもよく、整髪料もキレイに落とすことができますよ。

なお、シャンプーの種類によっては直接つけるものもあるので、ボトルに書いてある表示などをチェックしてから行ってくださいね。

老け顔になるNGポイント③下を向いてシャワーで流す

意外と多い下を向いてのシャンプー。下を向いてシャンプーを行うと水圧で下へと引っ張られてしまうため、頭皮や顔のたるみの原因になることも…。
引力で引っ張られるので頭皮や顔の皮膚が下を向き、首にシワもできてしまいます。

シャワーで流すときは下を向いてではなく、上を向いて美容院スタイルのシャワーを心掛けるようにしましょう。

老け顔になるNGポイント④トリートメントやリンスを頭皮にすりこむ

トリートメントやリンスは、洗い流しが起きやすく、肌に影響を与えやすいもの。

頭皮につけてしまうと毛穴のつまりの原因になりやすく、薄毛や抜け毛などの悩みへとつながる可能性も…。また、根元付近のトリートメントは落としにくく残ってしまい、臭いの原因にもなります。

なるべく頭皮につけないように注意しながら、髪の毛の中間から毛先にかけてつけるようにしましょう。
なお、トリートメントの種類によっては直接つけるものもあるので、こちらも事前にチェックしておいてくださいね。

老け顔になるNGポイント⑤ちょろっと流して終了

シャンプーもトリートメントも使用後はしっかりと流すのが1番大事です。髪の毛だけではなく、特に頭皮や根元は念入りにシャワーで流してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ