無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かわいらしい手作りショコラが人気のチョコレート店(自由が丘 ル・プティ・ボヌール)/人気の日本発チョコ専門店 vol.11

グルメ

小さなしあわせが溢れるお店

自由が丘駅から歩いて10分ほど。かわいらしいチョコレート専門店「ル・プティ・ボヌール」があります。店名は、フランス語で「小さなしあわせ」という意味です。

街にたたずむ様子は、フランスの町の小さなチョコレート屋さんのよう。それもそのはず。このお店はフランスでお菓子やチョコレートを学んだ廣嶋恵さんが「フランスのチョコレート屋さんのようなお店をひらきたい」と作ったお店だからです。

手描きのボードからは、季節のおすすめが紹介され、楽しくなるようなメッセージも。

ショコラティエールの廣嶋恵さんは、お菓子作りが大好きで、会社を辞めてフランスへ渡りました。お菓子やショコラを学び、パリ郊外をはじめフランスの有名パティスリーやショコラトリーに勤務。帰国後、大阪にお店をオープンし、2年後の2018年1月にご結婚を機にこの地、自由が丘にお店を移転しました。

ボンボンショコラは40種類くらい。オランジェットは一本100円。トリュフは150円と、気軽に買える値段が魅力です。

かわいいチョコレートを使ったお菓子もあります。

「お店を始めたとき、子どもがちょっとおやつに買いに行くかんじできてほしいな、と思ったんです。だからうちはぜんぶちっちゃいです」(廣嶋さん)

星空のようなドーム状のチョコレート、エッフェル塔やハート型のチョコレート。中でもマカロン型の「マシュマカロン」7種類はどれも人気です。小さなチョコレートの中は、フルーツソースとマシュマロが二層に。

ギフト用にはあらゆるサイズのボックスも用意されています。

ちいさなカウンター席では、時期によってパフェやアイスクリームなどの提供も。夏はアイスクリームも人気です。

地元の方はもちろん、大阪の頃のお客さま、インスタグラムを見て、などお店を訪れる方はさまざま。「きれいなチョコレート!」とショーケースを眺める女性たちはとてもうれしそう。

クレモンティーヌの「ショコラ・エ・スイーツ」が流れる店内。私たちに「小さなしあわせ」をくれるチョコレートのお店です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ