無料の会員登録をすると
お気に入りができます

安っぽく見えない!オトナ女子におすすめの上品なガラスアクセサリー

ファッション

ガラスのさまざまな表情が楽しめる雑貨の数々

ステンドグラス作家の野崎綾子さんが手がけるブランド、「mijinn.co(みじんこ)」。
季節や時間によっても見え方がさまざまに変化するガラス。その魅力をたくさんの人に楽しんでもらえるようにという思いで、アクセサリーや器などを制作しています。

今回ご紹介したいのは、レトロガラスを用いた涼しげなピアスやイヤリング。昔ながらの建築の窓に見られるようなレトロガラスは、現在の標準的なガラスの厚みに対して1mmほど薄く、とても繊細。身に着けてみると、驚くほど軽いのが特徴です。細かに波打ったガラスは趣きがあり、揺れるたびに光を反射してキラキラと耳元を彩ってくれます。

風に揺れる葉っぱのピアス

mijinn.coが販売を始めた当初から作り続けている、リーフ型ピアス。レトロガラスの細かな凹凸が、まるで本物の葉脈のようですね。揺らめく様は木々の葉そのもので、そよそよと吹く爽やかな風を感じさせてくれます。

レトロガラスのゆらめくピアス リーフ L 2,800円(税込)

ひんやりとした空気を感じさせるピアス

細長い飾りがまるでつららのようで、身に着けるとひんやりとした空気を感じるかのようなピアス。一見シャープな印象ですが、左右で異なる長さや整いすぎていない形が、手作りならではのやさしさを醸し出しています。

揺らめくピアス tsurara-bar ガラス 2,700円(税込)

2種類のガラスの異なる質感を楽しんで

こちらの六角形のピアスは、揺れる水面のような模様のレトロガラスと淡い白色のすりガラスを使用したもの。ステンドグラスのように縁取ることで、異なる質感の2つのガラスが際立っています

レトロガラスのゆらめくピアス hexagon-frost 3,100円(税込)

色ガラスやシェルパーツとの組み合わせも

透明のガラスパーツに、他の素材を合わせたものもあります。
写真左は、リーフ型のレトロガラスに、ホワイトベースの色ガラスを繋げたもの。写真右は、シェルパーツを組み合わせています。角度により色が変わって見えるオパールのような色ガラスや、柔らかな色合いのシェルが透明のガラスと組み合わさることで、互いを引き立てあう魅力的なアクセサリーです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ