無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パブロから登場した話題のバスクチーズケーキ チーズのコクがたまらない!

グルメ

8月1日より、焼きたてチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」から、しっかり焼いた『パブロバスクチーズケーキ』(980円・税込) が販売されています。

mugi

8月1日より、焼きたてチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」から、しっかり焼いた『パブロバスクチーズケーキ』(980円・税込) が販売されています。

チーズタルト専門店が出すバスクチーズケーキに期待が高まりますね。fumumu取材班が早速食べてみました!

■流行りのバスクチーズケーキとは?

「バスク」というのは、スペインにある地方の名前。バスク地方には、美食の街として名高いサン・セバスチャンという街があります。

そして、そこにある「La Viña(ラ・ヴィーニャ)」というレストランバーのシェフが考案した、表面を真っ黒に焦がしたチーズケーキが「バスクチーズケーキ」。

ベイクドチーズケーキとも、スフレケーキとも違う、「バスクチーズケーキ」ならではの味わいと食感が特徴です。

関連記事:20代女子の「ブラジャーの価格」どのくらいの値段を身につけてる?

20代女子の「ブラジャーの価格」どのくらいの値段を身につけてる?

■ズシリとした重量感

早速開封。直径約13cmと、ホールケーキとしてはやや小ぶりなサイズですが、ズシリとした重さを感じます。

表面には、バスクチーズケーキ特有の焦げ目がしっかり付いています。

容器は、はがしやすいパブロ独自のペーパーカップ。

点線に沿って、側面を手でくるりとはがします。

成分表示はこちら。クリームチーズに卵、北海道産生クリームなどを合わせて焼き上げられています。

ナイフを入れると、ベイクドより軽く、スフレよりは重い手応えを感じます。白い断面に食欲をそそられますね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ