無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冷え性改善ストレッチ!骨盤まわりの血流を良くする!

多くの女性を悩ませる冷え性、実は”骨盤の歪み”も原因の一つです。冷え性を改善するには、筋肉をほぐして血流を良くする骨盤ストレッチが効果的!今回は、冷え性の原因や骨盤との関係性、気軽にできる骨盤ストレッチの方法をご紹介します。

美容

女性たちを悩ませる手足の冷え

むくみや体の不調は冷えが原因かも

私たち女性の大きな悩みになるのが手足や腰などの冷え。体が冷えるとなかなか寝付けない、夜目が覚める、肩がこる、脚がむくむ、肌荒れをするなどの数多くの不快症状が現れてきます。 昔から冷え性は”万病のもと”といわれているように、冷えからの体への影響はただ寒いだけでなく色々な病気の引き金になります。

そんな切実な悩みとなる冷え性ですが、対策としては厚着をする、手袋やマフラーをする、使い捨てカイロを利用するなど手軽な対策で済ませている人が多いようです。しかし、本当に”冷え性=体質”なのでしょうか? 生まれたばかりの赤ちゃんには冷え性はいないですよね。体質だと諦めないで、冷えの原因を作っている習慣を改めることで冷えを改善していきましょう。

骨盤と冷え性の関係性は深い

冷えの原因は骨盤に関係が

一般的に冷え性は、ストレスや不規則な生活などによる自律神経の乱れやキツイ下着をつけたりハイヒールを履き続けることによる皮膚感覚の乱れ、運動不足によって筋肉量が少なくなり発熱や血流量が少なることなど、意外に季節とは関係なく生活全般のあらゆることが原因になるとされています。
しかし、じつは生活習慣以外にも骨盤と深く関わっていることをご存知でしょうか。骨盤にゆがみがでてくると骨盤のバランス機能が低下し、内臓の働きが弱まり血液や水分の循環が悪くなり全身の血行が悪くなります。そのため体の末端まで温まらなくなりむくみが生じたりします。骨盤のゆがみを正し、バランス機能を高めることで根本的に冷えに取り組んでいきましょう。

手足末端型冷え性改善ストレッチ

冷え性にもいろんなパターンがありますが、よく言われている4つのタイプに分けてストレッチをご紹介しますね。

■体幹を動かして手足に血流を送り込みましょう!
1.うつぶせでお腹を床につけたまま、床に両手をつけて上体を起こしましょう。

腰を反らせすぎないようにしましょう
2.お腹を床から離さないようにして、上体を左にひねりましょう。

顔もひねった方向へ向けましょう
3.反対も同様に。左右ワンセットを10回を目安に行いましょう。

肩が入らないよう顔だけを向けるように
とくに手足に強い冷えを感じるタイプ。体は寒さから身を守るために末端血管を収縮させて体温の放散を防止しますが、手足末端型冷え性の人は交感神経が過敏で過剰に収縮します。注意したいのは手足や足先を温めても冷えは改善されないこと。首元、足元、袖口などから熱が逃げないようにして”体幹部”をしっかり保温しましょう。温めると末端に熱を逃がそうとするので、手足の血管が開き、血流が増えて体全体が温かくなりますよ。

内蔵型冷え性改善ストレッチ

■骨盤内の深層筋を動かしてゆがみ防止とともに子宮、卵巣、腸への血流を促しましょう。
1.正座をして両手を床につけましょう。

正座が無理な方は、できる範囲で行ってくださいね

2.両手、両膝を床に着けたままお尻を上げましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ