無料の会員登録をすると
お気に入りができます

魔法のしのばせ色! 下まぶたの“赤み”で好感度がぐんとアップ

メイク

「MAQUIA」10月号では、めぐりのいい女をつくる「赤みメイク」をフィーチャー。今回は、目もとに”赤み”をしのばせるときのテクニックをご紹介!

目もとに赤みをしのばせるなら… 下まぶたをポイントに

アイメイクでも意識したいのは、血色チーク効果。下まぶたに入れることで、頬につながる赤みをさりげなく感じさせるのが狙い。だからこそ、選ぶくすみピンクは青みの少ないタイプを。ラメも涼しげに見えてしまいがちなので、少量をポイントでプラスする程度に留めて。

赤み混じりな くすみピンクパレット

A

適度な色づきでさりげない赤みと陰影を生み出す。ヴォランタリーベイシス アイパレット 07 ¥6200/セルヴォーク

B

ピンク系のパールも赤みメイクに最適。コントゥアリング アイシャドウ 018 ¥5500/コスメデコルテ

C

しっとりした粉質で、目もとに密着。アイカラー コレクション 02 ¥5300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

[ 入れ方のPoint ] 1 A

右下の淡いくすみピンクをまぶたにのせて、ニュアンス程度に赤みを感じさせる。指塗りで溶けこませて。

[ 入れ方のPoint ] 2 A

左上のあずきピンクを下まぶたのキワ全体に広めに入れて、赤みを強調させる。目頭に右上の輝きをON。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ