無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好印象を叶える魔法の色! 赤みがにじむブラウンレッドリップでめぐりのいい女に

メイク

「MAQUIA」10月号では、人に好印象を与える「赤みメイク」をご紹介。今回は、唇に”赤み”をしのばせる時のおすすめアイテム&メイクテクをお届け!

唇に赤みをしのばせるなら… 内からじんわりと

素の唇が透けていて、かつみずみずしく潤いと血色感がめぐる印象をリップで。唇の上でピンクに転ばない、血のような赤みがにじむブラウンレッドが最適。重さのないウェットな質感と、輪郭を越えた丸みのあるシルエットで、じゅわっと溢れだす赤みをアピール。

唇をウェットに彩る クリームカラー

A

みずみずしい色彩が長時間続く。ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン 617 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ

B

唇をナチュラルに色づかせ、リップケアも叶う。ケイト CCパーソナルリップクリーム RD-3 ¥500(編集部調べ)/カネボウ化粧品

C

コクがありながら、眩いツヤの透ける色づき。リップブロッサム 02 ¥2800/ジルスチュアート ビューティ(限定色)

[ 入れ方のPoint ] 1

下唇の内側から徐々に外側に広げていって、輪郭まで

A

を広げていく。内側が少し濃くなるように重ねて。

[ 入れ方のPoint ] 2

丸みのある曲線をイメージしながら、唇の山と口角のつながるラインを少しだけオーバーに塗ると赤みが強く。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ