無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ツヤ足しするならクリームファンデ! 長井かおり式・めぐる肌メイクを解説

メイク

「MAQUIA」10月号では、美肌感をもたらす「ツヤ」の仕込み方を長井かおりさんが提案。プロセスつきで詳しく解説します!

理想の美肌のつくり方を、でっかプロセスで解説

血色仕込み&ツヤ足しベースで「めぐる肌」に

活き活きと、幸せ感も生命力もめぐったようなヘルシースキンに必要不可欠な「血色」と「ツヤ」。その2つを仕込む全行程を新作アイテムでご紹介。ひと手間で、肌印象が変わる!?

ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん

色の力と輝きを信じて めぐる肌メイクを極める

“めぐり”は美肌印象をもたらすだけでなく、ポジティブでヘルシーにも見えるポイント。そのためには「血色」と「ツヤ」が欠かせない、と、長井さん。

「“血色”と“ツヤ”はまさに、めぐりのよさを象徴するもの。この2つをきちんとおさえれば、たちまち美肌感をもたらすことができます。多種多様な秋冬の新作ベースアイテムからセレクトしたいのは、イエベorブルベに関係なく、血色感をもたらすキーカラーとなるピンク下地やフェイスパウダー。また、即座にツヤ足しできるハイライトやクリームファンデも狙い目です。難しいテクは無用。これらを活用すれば、ほんのひと手間でめぐる肌が叶います」

ツヤ足し

クリームファンデを、 下地が透けるうっすらツヤで

今愛されるのは、ギラつくツヤではなく、うるおった肌を感じさせる自然なツヤ。「どのファンデーションも優秀ですが、今年らしさやツヤを重視するなら“クリーム”系がおすすめ。ブラシを使って軽やかになじませることで、下地をヨレさせずに、素肌が透けるような薄づきが叶います。内側からのうるおった血色感をクリームで活かして」

1 ジグザグ状に面で置いてムラづき予防

額、両頬、アゴに置く。この時も点ではなく、ジグザグに置くことで、素早くムラなくのばし広げるための下準備を。

2 ブラシで下地をはがさずに薄くのせて

ブラシを使って顔の内から外方向に、ペンキ塗りのような“さすりタッチ”でのばす。これなら下地をはがすことなくムラなくのせられる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ