無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[メンタル対策]ネガティブになってない?「幸せ体質になる」方法

ライフスタイル

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 26

幸せを感じにくい人の傾向は…

突然ですが、あなたはラッキーガールですか? 何かが起きた時、それを幸せなことだと感じるか、何でもない日常だと感じるか、不幸なことだと感じるかは、人それぞれだと思います。でも、私たちは、物事の捉え方次第でいかようにも感情を変えられる力をもっています。だとしたら、楽しく幸せを感じている時間が人生の中で少しでも長いほうが嬉しいですよね。

例えば、いつも幸せそうに見える人でも、よく話を聞いてみると大して良い出来事が毎日起きているわけではないかもしれません。今を楽しみ、日常を幸せに感じられる能力は、高いに越したことありませんね。

そして、この能力に差ができる理由の一つとして腸内環境があります。お腹が弱かったり便秘ばかりしている人は、幸せを感じづらい傾向にあります。さらに、今の時期は漢方医学的にも気候的にも自律神経を乱しやすくお腹の不調を感じ、悲しさや内向的な思考を感じやすい時期でもあると考えることができます。

そこで、今週は毎日がワクワクな幸せ体質になれる食薬習慣について紹介していきます。

自然の変化が体調に影響している

漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人の体も約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化とさまざまなものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。

今週は、幸せ体質になりましょう

秋になると漢方医学では、悲しみや孤独を感じやすくなると考えられています。しかし、秋といえば過ごしやすい気候で、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と楽しみが盛りだくさんです。ひとりでうつうつとしているのではなく、今までやったことのないことにチャレンジして、新しい趣味を見つけたり、今まで経験したことのないことを開拓していけたら楽しそうですね。

雨の日もありますが、気温も比較的安定しているので、新しいことを始めるには良い時期だと思います。ただ、この時期の特徴として漢方医学的に『陰虚燥結(いんきょそうけつ)』といって腸の乾燥によるコロコロ便などの便秘になりがちです。意識して腸活を取り入れ、善玉菌優位の腸内環境を取り戻さなければ、ミネラルやビタミンB群などの吸収が低下し、精神的にもネガティブになっていく可能性があります。

そして、今週は新月を迎えるため、栄養補給に最適なときでもあります。そこで、今週は食物繊維を補いながら、ミネラル、ビタミン、タンパク質など心の栄養をしっかり取り入れて幸せ体質になる食薬習慣をとりいれていきましょう。今週食べるとよい食材は、【高野豆腐入りハンバーグ】です。

今週食べるとよい食材・料理:高野豆腐入りハンバーグ

腸内環境が荒れている時には、幸せを感じさせるセロトニンなどの物質や心と体に必要な栄養素であるミネラルやビタミンB群が不足しやすくなります。そこで、食物繊維を含み腸内環境を整えながら、必要な栄養素を一度に取ることができる高野豆腐入りハンバーグがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ