無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美しすぎる50代! 君島十和子さん×水谷雅子さん美容対談「30代が終わることにすごく抵抗があった」

美容・メイク

どんなときも自分らしくいるための秘訣、歳を重ねることへの想い、そして50代になった今だからわかること。おふたりが考える“女性として、歳を重ねることの楽しさ”とは――。奇跡の美容クロストーク、後編です!

▼前回の記事はこちらから

奇跡の50代による夢の美容トーク!君島十和子さん×水谷雅子さん「私たちが30代から積み重ねてきたこと」

PROFILE (右)君島十和子さん

1966年生まれ、現在53歳。モデル・女優として活躍後、結婚を機に芸能界を引退。二女の母。コスメブランド「FTC」のクリエイティブディレクター。透き通るような美肌は全女性の憧れ。

(左)水谷雅子さん

1968年生まれ、現在51歳。愛知県在住。美魔女ブームの先駆け的存在で、27歳と24歳の子を持つ母でもある。プロ並みのセルフネイルにも注目!

美は、健やかな心と体に宿るもの。 自分らしく歳を重ねる秘訣とは?

水谷さん

40歳を過ぎて気づいたのですが、心の美しさは表情や佇まいにも表れますよね。十和子さんは、自分らしくあるためにどんなことを意識されていますか?

君島さん

これだけの情報社会なので、迷いそうになることもありますが、仕事に対しては流されることなく「本当に自分がいいと思うものはなんだろう」と常に自問自答しています。水谷さんは?

水谷さん

ストレスを溜めないように心がけています。どんなに美容を意識していても、心に不安や不満があると気の巡りが滞って体やお肌の不調として表れてしまうので。自分の気持ちに素直になること、アクセサリーを手作りするなど自分だけの時間を持つことがストレス解消になっています。

君島さん

歳を重ねるにつれて、年齢に対する思いも変わりましたね。30代から40代になるときは、すごく抵抗があったんです。「40」という数字にとても違和感があったし、40代になっても変に力が入っていた気がします。けれど、過ぎてみれば心配していたほどの大きな違いはなくて。

水谷さん

私も十和子さんと同じで、30代が終わるときはすごく嫌でした。でも、40代も50代も、いざ突入してみると楽しいですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ