無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目力アップと噂の「モノトーン」アイカラー。モードになりすぎず、デイリーに使いこなすには?

美容・メイク

黒、白、グレー、ハイセンスな印象のモノトーンアイカラー。目を大きく見せられると評判だけど、ブラウン系のアイカラーに慣れてしまっていると、モノトーンは「怖い人に見える!?」「老けて見える!?」「モードすぎ⁉︎」と躊躇しがち。そんな不安をなくしてくれる、目からウロコの使い方を長井さんがレクチャー。

黒、白、グレー、ハイセンスな印象のモノトーンアイカラー。目を大きく見せられると評判だけど、ブラウン系のアイカラーに慣れてしまっていると、モノトーンは「怖い人に見える!?」「老けて見える!?」「モードすぎ⁉︎」と躊躇しがち。そんな不安をなくしてくれる、目からウロコの使い方を長井さんがレクチャー。

教えて! 長井かおりさん 【モノトーンアイカラーの旬な使い方】

1_「チップの使い方次第でアイライナーにも」

ホイップクリームのような質感のクリームアイシャドウ。「クールなモーヴグレー。濃淡のつけ方で、アイラインのようにも使える」。

RMK ストーンホイップアイズ07

¥3500/RMK Division

2_「深みがあるのにクリア。簡単におしゃれ顔になるカラー」

スモーキーだけどくすまないクリアな発色。「リキッドタイプのアイカラー。濃淡がつけやすく初心者でも使いやすい」。

ディオール ディオールショウ リキッド モノ480

¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定発売 ※売り切れの可能性があります)

3_「透明感のあるシルバーグレイは重ねても発色が濁らない」

ソフトなクリームテクスチャーで、まぶたに濡れたようなツヤを。「淡く広げて濃い色は締め色に。ブレンドしても使いやすいアイカラー」。

イプノ パレット14

¥6800/ランコム

4_「質感違いで、遊びもきくラインナップ」

ダークブルーからホワイトのグラデーション。「マット、サテン、メタリック3種類の質感が楽しめる。混ぜて濃淡や色を調節して」。

ジバンシイ プリズム・イシム・アイズNo. 01

¥7600/パルファム ジバンシイ(限定発売)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ