無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今こそ化粧水のつけ方を見直し! 3回づけが基本、使う前に温める、ひじは動かさないetc.

美容

「MAQUIA」11月号では、小林ひろ美さんの指南のもと、スキンケアの基本のキをおさらい。今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介します。なじませ方を変えて3回重ねづけすると、浸透がアップ!

今こそ、その間違いケア 正しませんか? スキンケア コンプライアンスで肌力向上

美容家 小林ひろ美さん

幼い頃からの美容英才教育で培ったスキンケアの基本をベースに、アイデア満載の美容法を考案。その美肌は業界随一。

見直し

化粧水

500円玉・100円玉・1円玉の量でなじませ方を変え3回→浸透UP。

Q 化粧水はパッティングするとより効果的?

A 強くたたいたり、こすりたたきは、肌を傷める原因に

パッティング自体は悪くないのですが、やりすぎはやっぱりNG。強くたたくと肌の刺激になるし、知らないうちにたたきながら下側にこすっている場合も。顔がたるむ原因になります。

Q ブースターもオイルも使いたい。どっちが先ですか?

A 「ブースター」

ブースターは潤いや美容成分を導入する効果が高いのが特徴。私はよりオイルの浸透を高めたいので、ブースターを先に使います。

Q 手とコットンづけ、どっちが肌にいい?

A 「肌が弱いなら手。でも、手のタイプにもよるかも」

どちらでも大丈夫ですが、肌が弱いなら手で。水分をしっかりホールドできるふっくら手なら手、水分が漏れやすいならコットンを。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ