無料の会員登録をすると
お気に入りができます

出世したくない。それでも昇進を勧める3つの理由

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

ぱぴこ

ライフスタイル

今回のお仕事ハックは「出世したくない」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

出世したくない

直属の上司(管理職)が転職することになり、その空いた役職に就いてほしいと、昇進の打診がありました。とはいえ私は中途入社してからまだ半年ほどしか経っておらず、マネジメントよりもプレイヤーとしてのスキルを磨きたいので、断ろうか迷っています。管理職のメリット・デメリットはなんでしょうか。また、昇進を断る場合、どう断るのが正解なのでしょうか。

なるほど、悩ましいところですね。本来「昇進」といえば「ラッキー!」という形ですが、まだ中途入社から半年、かつプレイヤー能力を伸ばしたいとのことで、断る方向で迷っているとのことですね。

結論から言うと、「やってみて、無理ならプレイヤーに戻れば?」というのが私個人の意見です。

そのため、「昇進のメリットとデメリット&断る場合の文言を知りたい」という要望を無視して、なぜ「昇進を受ける」ことをオススメするかを記載します。

昇進を勧める3つの理由

相談者さんの状況を鑑みると、確かに「いったんプレイヤーで技を磨きたい」と思うのは至極まっとう、合理的な選択に見えます。

中途入社で半年というと、まだまだ「慣れた」とは言い難く、人間関係などの面でも探り探りの状況かと思います。

ただ、それでも「昇進」を勧めるのには、大きく3つの理由があります。

1.昇進は「したい」ときにできない
2.マネジメント経験はキャリア上重要である
3.「マネジメント」が向かないなら「プレイヤー」に戻れる

1.昇進は「したい」ときにできない

今回の昇進話が完全に棚ぼたラッキーなことからもわかるように、「昇進」は自分が望むタイミングでは来てくれません。

会社の構造上、どのような制度設計になっているかはわかりませんが、「昇進」はそうそうできるものでもないので、できるときに「上がる」のはけっこう重要な判断だと思っています。

ラッキーで空くこともあれば、アンラッキーで空かないこともあるのがポストです。

自分が「そろそろマネジメント経験を積まなきゃ」と思ったタイミングでは席がない可能性は非常に高いです。世にいう「上が詰まっている」状態ですね。

そのため、「上がれるときに上がっとけ」というのが、大きな理由のひとつです。

2.マネジメント経験はキャリア上重要

「マネジメントよりもプレイヤーのスキルを磨きたい」とのことですが、おそらくキャリアのどこかのタイミングで「マネジメント」のスキルは求められます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ