無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「亡くなった人」が夢に出る理由

占い

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。

夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「亡くなった人の夢」についてくわしく紹介していきます。

故人の夢を見る理由は「心の安定を取り戻す」ため

亡くなった人の夢の多くは、あなたに重要なメッセージを伝えてくれています。

それは、先行きが明るいことを告げるとてもいい夢の場合もあれば、なんらかの危険を警告している悪い夢の場合もあります。

肉親、恋人、友人の夢は特にメッセージ性が強い

特に肉親や恋人、友人など、生前あなたと関係性が深かった人物が夢に出てきたら、メッセージ性は強まります。

もし、亡くなった人の夢を繰り返し見る場合は、あなたはその人の死を受け入れようと努力をしているところなのでしょう。何度も夢の中で故人に会うことで、もうこの世にはいないのだという現実をしっかりと受け止め、そして悲しみを乗り越え、心の安定を取り戻そうとしているのです。

「誰が夢に出たか」によって変わる意味

亡くなった人の誰が夢に出てきたのかで、メッセージは異なります。まずは亡くなった人別に、その夢の真意を紐解いていきましょう。

(1)亡くなった父親の夢は「幸運の訪れ」

亡くなった父親が夢に出てきたら、これからあなたに幸運が訪れることを告げている予知夢です。

特に、夢の中の父親が笑顔だったり、穏やかで幸せそうだったりしたら、訪れる幸運はより大きなものである暗示です。

もしも夢の中で父親が言葉を発していたら、その内容をよく思い出してください。何か重要なメッセージが込められている可能性があります。

(2)亡くなった母親の夢は「誰かに愛される予兆」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ