無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本のハロウィーンはお化けと盆踊り! ?「和ハロウィーン」開催

旅行・おでかけ

もともと欧米文化のハロウィーン。日本ではそのルーツにはあまり馴染みはありませんが、習慣としては日本のお盆に似ているそうです。今回、2019年10月4日(金)から東京ドームシティにて開催されている「和ハロウィーン」は、お化けと盆踊りをしたり、最新技術を使ったVR体験など楽しみが盛りだくさん。皆さんも日本ならではのハロウィーンを体験してみませんか。

もともと欧米文化のハロウィーン。日本ではそのルーツにはあまり馴染みはありませんが、習慣としては日本のお盆に似ているそうです。今回、2019年10月4日(金)から東京ドームシティにて開催されている「和ハロウィーン」は、お化けと盆踊りをしたり、最新技術を使ったVR体験など楽しみが盛りだくさん。

皆さんも日本ならではのハロウィーンを体験してみてはいかがでしょうか。

お化けと楽しむ「盆踊りハロウィーン」

ハロウィーンの起源であるケルト人のお祭りでは、先祖の霊が現在の家族に会いに来る習慣があるそうです。日本のお盆に近いことから生まれたこの「盆踊りハロウィーン」。鈴の音が聞こえてくると、ゆらりゆらりとお化けたちが現れます。

今回のために書き下ろされた「ニッポンハロウィーン音頭」。欧米のハロウィーンを思わせつつ、和のテイストをうまく落とし込んだ踊りやすい曲になっています。

VR×リアル恐怖体験「怨霊の金縛り屋敷」

寝ながら体験する新感覚金縛りホラー。立体音響や臨場感ある振動装置を駆使した、リアリティあふれるホラー体験はあなたの現実と虚構の感覚を狂わせるでしょう。恐怖のVR世界にのめりこみすぎないよう気をつけてくださいね…

懐中電灯が唯一の頼り…「お化け屋敷の深夜巡回」

舞台は真夜中のお化け屋敷。あなたは警備員として懐中電灯を握り、館内を見回ってこなければいけません。懐中電灯1つの巡回作業は想像を超える緊張感。真っ暗闇に潜むのはいったい何なのでしょうか。

「ひゅ〜どろ和ハロウィーンクレープ」でひと休み

「和」にこだわった、和ハロウィーン限定メニュー。紫芋のアイスの上にはお化けチップスがトッピングされています。黒ゴマソースが暗闇感を醸し出す、他では味わえない特別なクレープをどうぞ。

みんなで楽しむ「和ハロウィーン」

いかがでしたでしょうか。会場には縁日もあり、ハロウィーンを楽しむためのイベントがたくさん。家族や恋人、友人と来ても楽しめます。新しい日本のハロウィーンをあなたも体験してみてはいかがでしょうか。

イベント情報

和ハロウィーン
〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-61

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ