無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食欲をそそるオープンサンド2つでつくる、シンプルだけど豊かな朝食。

レシピ
Photo by ksk_crony

ばたばたしがちな朝食こそ丁寧に

Photo by ksk_crony

朝ってなんだか気持ちも忙しくなりがちですが、いつもよりちょっと早起きをして、自分の食べたいものを丁寧に作って、ゆっくりコーヒーを淹れて、じっくり味わいながら食べる。

それってとっても豊かな時間ですよね。

男の料理こそ丁寧に

料理をする時、僕は見た目をとても大切にしています。
料理って目で楽しむっていう部分がすごく大きいと感じているからです。

男の料理は大雑把でいいんだ!という人がいますが、丁寧に作られたものっていいなって僕は思います。でも食事は毎日のことだから、簡単かどうかもすごく大切。

簡単に、丁寧に。見た目にこだわって作る2つのオープンサンド

Photo by ksk_crony

目玉焼きとアボガドのオープンサンド

「アボガドのオープンサンド」の作り方はとってもシンプル。

まずパンをカリカリになるぐらいまでトーストします。
そこにニンニクを擦りつけて(これがポイント)スライスしたアボガドをのせる。
レモン汁をかけて、お好みで塩をかけたら完成です。

「目玉焼きのオープンサンド」は、フライパンにオリーブオイルをたっぷりひいて、卵を割り入れます。蓋や水は入れず、油でフライするような気持ちでじっくりと。

白身の部分がカリカリになったら塩をかけ、追いオリーブオイルを。それをトーストにのせればあっという間にできあがり。

シンプルなレシピだからこそ

いかがでしたか?

シンプルだけど、その分作る人の想いやこだわりをいくらでも盛り込めそうな2つのオープンサンド。工夫の余地があるってとっても楽しいことですよね!

今回ご紹介したレシピが最適解とは言いません。見た目も味も、きっとまだまだ良くできるはず。
みなさんならどんな風につくりますか?

いかがでしたか?
シンプルだけどその分作る人の思いやこだわりがきっと色々あるであろうこの2つのオープンサンド、きっと正解なんてないんだろうけどそれがとっても面白いですよね!
みなんさんならどんな風につくりますか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ