無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たった300円でできる贅沢。 カルディ「蟹鍋の素」は蟹なしでも極上の旨み

レシピ

蟹がなくても蟹鍋が味わえる!?

Photo by muccinpurin

蟹って高級食材なので、なかなか食卓に並びませんよね。冬の時期はふるさと納税の返礼品が届いたり、お歳暮でいただいたりのチャンスはあるかもしれませんが、自分で買うのはなかなか勇気がいります。

カルディの「蟹鍋の素」さえあれば、主役の蟹がなくても蟹鍋が楽しめるんだとか……。実際に試食して、 “その蟹度” を確かめてみました!

もへじ「蟹鍋の素 味噌仕立て」

Photo by muccinpurin

「もへじ 蟹鍋の素 味噌仕立て」298円(税込)

蟹鍋の素の原材料を見てみると、かにエキス、おろしにんにく、魚醤、チキンエキス……と、まさに旨み食材のオンパレード。ここに野菜の甘みや肉・魚のコクが加わると思うと、想像するだけでおいしそうだ……。

こちらは濃縮タイプなので、水で薄めて使う必要があります。ひと袋100gに対して600ccの水で薄めてから煮込んでくださいね。

Photo by muccinpurin

蟹鍋の素を袋から出してみると、すでに蟹の存在を強く感じます。とにかく、蟹の香りがすごい! 蟹鍋の “素” として濃縮のペースト状になっているため、余計に蟹感が強い気がしますね。

ひと袋に100gのペーストが入っていて、それを600ccの水を加えて薄めて使います。試しにちょっと味見してみたところ、濃厚な蟹のコクと風味が口いっぱいに広がり、これが鍋になると思うとやや興奮するレベルのおいしさでした。早く煮込みたい……!

すでに香りがごちそう♪

Photo by muccinpurin

ねぎやにんじん、しいたけ、鶏団子などの具材に蟹鍋の素を水で溶いたものを加え、煮込むこと数分。鍋のふたから噴き出す蒸気がすでに蟹の雰囲気ムンムンで、贅沢な気分に浸れました。

ふたを開けてみると、さらなる蟹の香りが部屋中を包み込み、それこそ香りがすでにごちそう状態。そこに野菜や肉の旨みが溶け出していると思うと……と考える前にさっそくいただきます♪

Photo by muccinpurin

味噌ベースなのでスープの色はやや濃い目ですが、塩加減は強すぎず、しっかりと蟹の風味を感じられます。高級な蟹のお味噌汁を飲んでいるかのように旨みが詰まったスープ。「あのペーストが鍋になるとこうなるのか……」と妙に納得しながら、箸が止まりません。

あっさりというよりもにんにくや魚醤のコクや旨みが複雑に重なり、蟹がないのに蟹感がすごい、という不思議な状況に陥っています。理想は蟹が入った鍋ですが、蟹がない代わりに300円ほどで蟹鍋が味わえるなんて、やっぱり鍋つゆって便利だなと思わずにはいられません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ