無料の会員登録をすると
お気に入りができます

規則正しく痛みのない生理に!…「生理の乱れを整える」簡単なコト

ライフスタイル

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 36

外と室内の寒暖差、年末の忙しさで生理がおかしい!?

令和元年も残り1か月を切りましたね。今年やり残したことを今年のうちに済ませたいと、やりたいことで頭がいっぱになり、結局行動できず時が流れていく…ということはないでしょうか。12月の始まりは、慌ただしさの始まりでもあります。体力を万全にタスクをテキパキと片付けていきたいですよね。

しかし、外の寒さと暖房の乾燥した空気、外食や残業が増え就寝時間が遅くなり、心も体もぐったりしてしまうこともあるかもしれません。自律神経は乱れがちでもしかたのない時期だと思います。

ただ、そのせいで生理がいつもより遅くきたり早くきたりと生理不順を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。そこで、今週は、生理周期を整える女性ホルモンに優しい食薬習慣を紹介していきます。

自然の変化が体調に影響している

漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知のかたは多いと思います。

月や太陽は、地球との位置により引力が変わり、地球では潮の満ち引きが起こります。地球の約七割が水分と言われていますが、同様に人の体も約七割が水分と言われています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。

つまり、気温、湿度、気圧、太陽、月の変化と様々なものを指標にすることにより、より正確に体調管理をすることができます。この体調管理に食事内容を役立てることを『食薬』と呼びます。

今週は、生理周期を整えるための食薬習慣

毎年、年越しのあたりから春にかけて生理不順を感じてしまうというお話をよく耳にします。年末年始の慌ただしさに三寒四温などの気温差が大きくなる冬の終わりにかけて自律神経が乱れ、生理不順だけではなく耳鳴り、めまいと、風邪とは違う不調を感じてしまうことがあります。

毎年寒い時期に不調を感じやすい人は、今年は大丈夫かなと心配に感じてしまいますよね。これらの不調を漢方医学では、『腎(じん)』が弱っている状態と考えます。そして、『腎』を強化することは、女性ホルモンを支えるだけではなく、耳鳴り、めまい、頻尿の予防、アンチエイジングにもつながります。不調を感じない人でも『腎』を強化する食材はとりいれていきたい習慣です。

今週の食べるとよい食材・メニューは、『腎』を強化する【山芋の味噌汁】です。

今週食べるとよい食材・メニュー:山芋の味噌汁

生理不順や体質改善、アンチエイジングの漢方薬に使われる素材として漢方では有名な山芋ですが、食卓でも手軽に使うことができます。温かい味噌汁の具にして、体の内側から温め、ホルモンバランスを整えていきましょう。

山芋

山芋には、女性ホルモンを整えるために大切なDHEAという物質に似ている、ジオスゲニンという成分が含まれています。さらに、胃腸の働きを助けてくれるので、年末年始の暴飲暴食時にもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ