無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[料理の裏ワザ]大根を冷凍するだけの「冷凍大根」で調理時間が半分に!切り方を”揃えない”のがコツ

レシピ

ストックしておくと便利な「冷凍大根」の作り方は?

スーパーで安売りしていた大根1本。使いきるのに時間がかかりそうなときには、買った後すぐに「冷凍大根」にすることで、おいしい状態で保存し、ムダをなくすことができます。

「冷凍大根」の作り方は、
1. 大根の皮をむき、用途に合わせて切り方(輪切り・短冊切り・いちょう切りなど)を変えます。今回は煮物用なので、輪切りにします。味が染みこみやすいように、7〜8㎜程度の厚さがおすすめです。

2. 切った大根は、ペーパータオルなどで水気を拭き取り、冷凍用保存袋に入れます。輪切りのものは、そのまま入れてOKですが、短冊切りやいちょう切りなどの細かく切った大根は、使いやすい量で小分けにし、ラップで包んでから入れると取り出しやすくて便利です。

3. 保存袋の口をしっかり閉じ、冷凍します。

調理にすぐ使えるように、切り方を変えて冷凍するのがベスト。下茹での必要もないため、簡単にストックしておくことができて便利です。
冷凍の保存期間は、2〜3週間程度を目安に使いきってくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ