無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファッション好き必見♡ポール・スミス展の見どころを公開!

英国を代表するトップデザイナー、ポール・スミスの大規模展覧会「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」がヨーロッパでの巡回を経ていよいよ日本上陸!現在、東京・上野の森美術館で開催中の展示の模様をご紹介します!

2016年8月
旅行・おでかけ

世界的デザイナー、ポール・スミス

www.paulsmith.co.jp

1946年イギリス・ノッティンガム生まれ。1970年に地元ノッティンガムに小さなショップを開いたことからデザイナーとしての活動をスタート。現在は約70の国と地域で店舗を構える世界的デザイナーです。

世界巡回中の展覧会が日本に上陸!

2013年にロンドンのデザインミュージアムにて開幕した大規模展「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が日本に上陸中。京都(終了)、東京、名古屋の3都市を巡回します。

コレクションのデザインソースやアトリエの再現など華やかな世界の舞台裏を覗ける展示となっています。ファッション好き必見の展覧会の中身を、動画で少しだけご紹介します!

展覧会の見どころを紹介!

①ポールのアートウォール

自身も写真を撮り、アートコレクターでもあるポール・スミス。会場の入口には、貴重なコレクションの中からポールが選んだ約500点が飾られています。アンディ・ウォーホルやバンクシーの作品もあるのだとか!

②ポールのオフィス

ロンドンにあるポールのオフィスを完全に再現したコーナーも。溢れ出すおもちゃや雑貨、本は彼が世界中を旅して集めたもの。これらの色や質感、物語にインスパイアされてポールの独特なデザインが生まれています。

③デザインスタジオ

数々のプリント柄を生むデザインスタジオも完全再現されています。コレクションのテーマを表現するイメージボードや生地のサンプル、天井には型紙まで吊り下げられていて、ポール・スミス社のスタッフになった気分!

記事に関するお問い合わせ